病気のときのお風呂の入れかた


体温37.5℃以下 

 赤ちゃんは新陳代謝が盛んでよく汗をかきます。皮膚を清潔に保つためにも、また暑い季節にはとびひかぶれを防ぐ為にも、体温が37.5℃以下ならば普段どうりにお風呂に入って、汗を洗い流してください。
 冬は37.2℃
以下以下のときに浴室、脱衣所を暖めて入って下さい。

体温37.5℃以上
 
お風呂に入ることは無理でも、高熱でないかぎり簡略浴やオイル浴、座浴などできれいにしてあげましょう。着替えなどの準備を整え、部屋を暖かくして手早くすませるようにします。

簡略浴 
 
バスタオルの上に寝かせ、お湯でしぼったタオルで身体をふきます。汗をかきやすい首、わきの下、汚れやすい股などはていねいに拭いてあげましょう。時にはあちんちんなどは泡立てた石けんで簡単に洗い、お湯でしぼったタオルを何回か替えて拭きます。拭いたところには順次乾いたタオルをかけるなど、身体を冷やさないように注意します。

・オイル浴

 カット綿にベビーオイルをふくませ、簡略浴と同じようによごれやすいところを拭き、お湯でしぼった蒸しタオルで拭き取ります。
アトピー性皮膚炎のお風呂あがりのスキンケアの時にもかなり有効です。

・座浴 
 
上半身は服をきたまま、おしりをシャワーや洗面器、またはタライで洗います。洗面器やタライのお湯は何度か交換してください。石けんとお湯できれいに洗うことが家庭でできる最高の消毒です。とくに下痢をしているときにはおしりを清潔にしてあげましょう。