ヘルパンギーナ


  


特徴:

 発熱が3日間、口腔内の痛みが7日間続く。
俗に「夏かぜ」とも呼ばれる。

流行時期:初夏〜夏期、時に春。

症状:

 38〜40 ℃の発熱,咽頭痛で始まり、周囲の赤い小水が軟口蓋部と咽頭に生じ(写真1),破れて小潰瘍を形成する。発熱期間は平均3日。下熱後にも口腔内に小潰瘍を生じ、痛みを強く訴えることが多い(写真2)。胸膜痛を伴うこともある。

原因:

 コクサッキーAウイルス(コクサッキーA1〜10,16,22)などによる咽頭の感染症である。ウイルスの排泄は発症後7日間以上の長期に及ぶ。

潜伏期間:3〜6日。

好発年齢:4歳以下の乳幼児に多発する。稀な型が流行した場合は罹患年齢が広がる。

治療:

 痛みが強いあいだは殆ど食欲がないため、水分を少しでも補給するように心掛ける。発熱のため食欲がないなら、解熱薬を用いる。乳児でも脱水症をおこしそうな位、水分が不足すれば、痛みにもかかわらず摂水するため、ヘルパンギーナで入院加療が必要なことは極めて稀である。