耳鼻いんこう科・アレルギー科野垣医院
tel&fax076(421)4073
趣味(3)自動車・写真など
h/14/8 しばらくご無沙汰いたしました.大分愛車であちこち回りました.後から思い出 そうとしても日時がはっきりいたしません.日付は前後いたしますが、適当に入れておきます.

最近写真撮影も始めました.カメラは中学生の時代から持っていたのですが、今ま であまり触りませんでした.子供の記念写真を時々撮る程度でした.現在Nikon-S4,Olympus om-1,Olympus om-2,Nikon FM3A,Leica m6ttl,Bessa-L,Canonet G-V17を所有しています.フイルムは主にprovia100fを使っています.
最近私の属する医師会に写真同好会ができました.写真撮影は嫌いではありませんので、早速入会いたしました.私は主にスナップ写真を撮っていましたが、他 の先生方のを拝見いたしますと、風景、花などが多いようです.これを機会に私もそれにチャレンジしたいと思っています.

h/12/12/30 ゴルフと観光をかねてタイのバンコックへ旅行する機会がありましたので、一寸書いてみます.
h/12/12/29午後7時富山出発、京都で一泊.翌日関空より出発、五時間ほどanaにのり午後バンコックに入りました.空港より小型バスにのり小一 時間ほど走りshangri-la hotel bangkokに投宿.ホテル近くは交通渋滞がひどくびっくりしました.部屋は広くゆったりしており気持ちが良かった.その夜は早速市内の観光としゃれ込 み、タイ料理をいただく.明日からはゴルフと観光を予定しています.
h/12/12/31 朝早く起き朝食の後近くのオリエンタルホテル船着場からクルージング.目的地は山田長政ゆかりの日本人町とアユタヤ遺跡であります. チャオプラヤ川の川幅は広くゆったりと流れているが、濁っており川底は見えず、いわゆる日本の清流とは程遠い感じでした.川の両側には沢山の寺院があり、 修行中の僧が見えます.タイでは一度は僧となるのが習慣のようです.深夜0時にホテルの近郊から一斉に花火が打ち上げられ、沢山の人が外へ出て新年を祝い ました.小一時間外出しブラブラ散歩しながら写真を撮影.カメラはオリンパスOM−2を持参、今日一日で5〜6本撮影しました.
h/13/1/1 小型バスで約一時間ほど高速道路を走りゴルフ場に到着.気温は毎日33度前後ありますが、絶えずそよ風が吹いており暑いと思ったこと はありません.ゴルフ場は大体平坦なコースで、現地の若いキャディーが付きますが、言葉がまるで解りません.でもなんとなく手話(?)で理解できます.
h/13/1/2 帰る直前に3時間ほど自由時間が取れましたので、ホテルの前よりタクシーを拾い、地図を見せながら市内の寺院を見学しました.ワッ ト・ベンチャマボピット(大理石寺院)は、1899年ラマ5世によって建立された美しい寺院ですが、その景観に圧倒されました.the grand palaceは時間がなく内部は見れず残念でした.どこへ行くにもタクシーに乗り100バーツ払ったところ運転手からは大変喜ばれました.私は良いカモ だったのでしょう.市内の交通は非常に混雑し、大型観光バス、小さいタクシー、現地の「トゥクトゥク」と言う乗り物、それにバイクがひしめき合って走りま くっていました.夜は屋台がたくさん出ますが、ちょっと怖くて食べたくても食べられませんでした.写真は順不同です.
h/13/7 早朝まだ暗いうちから出発.神岡、安房峠、松本、サラダ街道を走り、木曽路に入りました.楢川村を過ぎ軽食を取り、奈良井の宿に入り あちこちスナップしました.木曽福島に入り給油しながらスタンドの叔父さんに、どこか見るところがありませんか、と聞いたとこ ろあまり知らないようでした.もっと下調べをしてくるべきでした.帰路はルート361号線にはいり、開田、高根、朝日村を過ぎ、高山市へ入りそのまままっ すぐ富山へ帰りました.ちょっと時間的に無理なコースであったかな、と反省しています.
h/14/9 城端の「むぎや祭り」に出かけました.自宅より車で1時間ちょっとです.交通規制がしかれており、町営グラン ドに車を入れました.去年は確か無料だったが、今年は終日500円とられました.街中をぶらぶら歩きカメラはニコンニューFM2,50ミリ、35ミリを 持っていきました.明るい望遠がほしいのですがまだ持っていません.また、フジの古いデジカメDS−8を持参しまし た.これは解像度640*480ドット、35万画素という今では時代遅れの古いものです.レンズはf=5,7mmで35ミリカメラでf値38ミリ相当の広 角、f=2,2/8のフジノンレンズがついており、ttl測光、絞り優先ae方式です. 夕方から子供たちの踊りが始まり、別院善徳寺境内ではのどじまんコンクールを少し見学、暗くなってからは山車、庵屋台の随行を見ました.
h/14/5 ちょっと前後しましたが、城端では「曳山まつり宵祭」が5月14日に、「曳山祭」が翌15日にあり ました.約300年の歴史があり貞亨年間に始まります.夜は山車6本が街の中を随行し練り歩きます.屋形式二層の人形山車であり、金箔を貼り付けた絢爛豪 華な城端塗りだそうです.加賀藩の特別待遇を受けた郷土の名工たちの作です.祇園囃子由来の城端庵唄囃子が流れます.
h/14/7 毎年お盆の混雑を避け早めに墓参りをします.父が飛騨の高山の出身であり、市内の法華寺の裏にあるお墓の掃除をし、お寺さんに挨拶をしお墓を参ってきます.もう処分され ましたが父の実家の建物はまだ残っており、現在は郷土の土産の店になっています.市内の上一之町から上三之町あたりを散策し、カメラでスナップをよく撮っ てきます.小京都高山の町並みに合わせた造りの医院や旅館があり、成る程良い物だと感心して撮影しました.左は産婦人科医院、右は旅館です.珍らしいも の、美しいもの、目を引いたもの、感心したものなど何でもスナップします.丁度富山から車で片道2時間ほどであり、程よいドライブの距離です.
h/14/7 市内のあちこちを散策しますと、同じところを見ても,同じものを見ても、角度を変えて眺めますとまた新鮮に移ります.夢中になって シャッターを切ってしまいます.その瞬間は何も考えません.後で見ると駄作も結構あります.
h/14/11/03 いつも素通りする岐阜県神岡町が一躍有名になりました.ここには昔から神岡鉱山があり亜鉛を、現在は石灰石を掘っています.その廃坑 のひとつの神岡鉱山茂住坑内に「スーパーカミオカンデ」が在り、ここでは宇宙より飛来するニュートリノを観測しています.
標高1360メートルの山の下に5万トンの水を溜めた観測装置があります。去年の8月19日ここを見学する機会に恵まれましたので娘と二人で出かけまし た。ここで研究していた「小柴」東京大学名誉教授が、「天体物理学への先駆的貢献」によりノーベル物理学賞を受賞されました.私たち二人が見学したとき は、丁度光センサーが壊れる事故があり、大々的に修理中でした.

私の近所のほんの300メートルぐらい離れたところから、超有名な人物が生まれました。ノーベル化学賞を受賞された「田中 耕一」さん です。何と富山市立八人町小学校のご卒業であり私と同じです。また高等学校も同じです。一寸年齢が離れており面識がなく残念ですが、なんだか誇らしい気分 になります。もう一時は報道陣が押しかけちょっとしたパニック状態でした。土地の新聞も大々的に取り上げ、紹介しています。ユニーク語録として、英語はも う勘弁、独身ならよかった、買い物ができない、等が載っていました。実験こそ私の出発点、遊びの実験から化学の面白さが身についた、小学校の理科の実験が スタートラインだった、と語っていました。

h/14/12/8 先ほどノーベル賞を受けられた富山市出身の田中耕一さんは、現在ストックホルムに共同研究者及び 家族とともに滞在しています。田中さんに随行してお世話されるのがスウェーデン外務省のカイ・レイニウスさんで、大使館報道参事官として日本に7年間住ん でおられたそうです。選考の公平性などで権威あるノーベル賞を一会社員の田中さんが受けられたことは、日本の若者たちに夢と勇気を与えたと思われる、と談 話が載っていました。何故か、富山から岐阜までのR41号線の近くから受賞者が沢山出ている、と地方紙に載っていましたがこじつけでしょうか。
back to the top