第43回定期演奏会

7月1日、第43回定期演奏会、盛況のうちに終了いたしました。

県内には、大雨警報が出されている中ではありましたが、1000名を超えるお客様にご来場いただくことができました。
本当にありがとうございました。

アンケートをみますと、今回も指揮者の米崎先生のエネルギッシュなパフォーマンスに、多くの方々が感動していただけたようです。

来年の夏の定期演奏会も米崎先生と決まっております。
どうぞ、お楽しみにしていてください。

あと、10月の富山県オーケストラ連盟主催のフェスティバル、11月の射水での第九コンサートも米崎先生の指揮となります。

それでは、今後ともご声援いただけますよう、よろしくお願いいたします。


 日 時:2017年7月1日(土) 午後6時30分開演 (6時開場)

 場 所:オーバード・ホール

 演奏曲目   

    デュカス作曲:魔法使いの弟子

    ドビュッシー作曲:小組曲

    ブラームス作曲:交響曲第2番
     

 客演指揮: 米崎 栄和

 入場料:全席自由 1,500円  高校生以下 無料


米崎 栄和(よねざき しげかず) プロフィール


ⓒMasashige Ogata

1968年大阪府吹田市生まれ。
東京理科大学大学院修了後就職するも、音楽への夢断ちがたく30歳で退職。

2001年東京音楽大学指揮科研究生となり、紙谷一衛、汐澤安彦、ヴェリサー・ゲンチェフ、広上淳一、湯浅勇治の各氏に師事。1999年、ハンガリー国際ラバフェスティバルに参加。 国内各地のオペラやオーケストラで指揮・副指揮を務め研鑚を積む。

2003年、若手指揮者の登竜門であるブザンソン国際指揮者コンクールにてコンクール初挑戦で最高位(グランプリなし)に選ばれる快挙を成し遂げ、一躍注目を浴びる。

2004年7月、ウィーン・フィル コンサートマスターのライナー・キュッヒル氏とベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を共演。
これまでにリヨン国立管弦楽団、東京フィル、新日本フィル、東京シティフィル、東京交響楽団、名古屋フィル、九州交響楽団、大阪センチュリー交響楽団(現日本センチュリー交響楽団)、仙台フィル、群馬交響楽団等を指揮。

2006年9月より1年間、スロヴァキア国立歌劇場で指揮研究員として研鑽を積む。

2008年4月、スロヴァック・シンフォニエッタ・ジリナ(スロヴァキア・ジリナ国立室内管弦楽団)の定期公演に招かれ絶賛を浴びる。2009年2月に再客演の後、2010年2月にも定期公演に出演。

現在、国内外のオーケストラの客演指揮者として活躍中。


これまでの定期演奏会でのご感想等,または今後シティフィルで演奏してほしい曲などがあれば、ぜひ下記までmail を下さい。

E-mail