月刊:Mac Fan internet(1997.9月号)

【ホームページ・ア・ラ・カルトの「おさけ編」で
当ホームページ紹介】


「酒」と「インターネット」は、どこか似ている。たぶんなくても死にはしないだろう。でも一度知ってしまうと、その魔力にとり憑かれ、気がつけば生活に欠かせないモノになってくる。しかし飲酒は、時に中毒という化け物になって体を蝕むことがある。酒の場合は自覚症状もあり、治療方法もあるが、インターネットは果たして大丈夫なのだろうか? 毎日ページを見続けてやがて・・・・・・。考え始めると恐いから、酒でも飲んで忘れよう!


 お酒が好きで好きでたまらないあなた! ちょっとこのページを見てからにしませんか?。楽しいお酒も、量を間違えば体に毒なのです。そんな飲み方は今すぐ止めましょう。ここで一度、自分自身をチェックしてみてはどうでしょうか。永く、おいしく、幸せに飲み続けたいと思ったら、健康管理は当然のこと。調べ方は簡単、質問に答えていくことで飲酒状態の自己診断ができ、自分がアルコール依存症かどうかを診断してくれます。
 今、全国でこの病気に苦しんでいる人は、230万人前後とのこと。その仲間に入らないように「予防」することは大事なことです。もしもすでにかかっている人でも、「アルコール依存症社会復帰プログラム」などが紹介されているので、参考になるでしょう。アルコール依存症を題材にした童話「涙がくれたおくりもの」もおすすめです。まったく無縁という人も、是非これは読んでみてほしいと思います。ホント、涙モンです。
 この他に、関連病院へのリンクも張られています。のっけからヘヴィな内容ですが、今回は他に「酒」のページをたっぷりと紹介してますので、ここで各自チェックしてから、ネットサーフィンをお楽しみください。ちなみにインターネット依存症は現在、治療法がありませんので悪しからず。月末の通信費の請求で目を回さないように! 何事もほどほどが大事です。
Mac Fan internet September 1997(94P)より