大汝よりアルプス連峰

 初夏の花のきれいな時期も良いが、何といっても独立峰の白山の魅力は空気の澄んだ秋の日本アルプスのパノラマにある。300mm望遠レンズに2倍のテレコンバーターをつけて600mm望遠レンズとして日本アルプスを撮影した。画面が暗いのは私の所持しているレンズの明るさが足りないせいである。それでも八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳までも同定でき、まずまずの写真と思っている。
 扇形の撮影範囲は北アルプスの朝日岳より南アルプスの聖岳に及ぶが、一枚のパノラマ写真では11MBの容量となり、これをインターネットに載せるとダウンロードに長時間を要するるため、止むを得ず2分割した。それぞれの領域は写真とリンクしていますので、クリックしてください。

アルプスパノラマ地図。それぞれの領域をックリックすると写真が出ます。

白山登山地図に戻るアルバム目次