Carbonへの道-An Opaque Road To Carbon-

かって、素人がMacintoshプログラミングの海に乗り出す時、彼らを導く灯がいくつも存在し、それをたよりになんとか航海を続けることができた。
いまMacOS Xという新たな時代が幕開け、その変化はかって68kからPPCに移行した時よりもはるかに大きい。
にもかかわらず、素人のための灯は確実に少なくなったようにみえる。

これは68kの時代からToolBox+C言語でよろよろと日曜プログラミングをしてきた筆者が、独学でMacOS Xへ対応できるようになるかならないかわからない物語である。

【注意】
これから先の内容は、素人である筆者の「メモ」にすぎません。したがって、その内容は誤りに満ちていますので、そのまま信用してはいけません。本職の方がみたらお笑い的な内容と思います。しかし、筆者と同じ素人度の方には参考になるかもしれません。(下記参照)

筆者のレベル:
素人で独学
ToolBox+C言語でMacintoshプログラミングを一応する
C++はできず、PowerPlantも使えない
68kからPPCへの移行はなんとかできた
簡単なフリーウェアならアップロードしたことがある
Cocoaの勉強を始める気力も根性もなく、Carbonでなんとかしたいと思う
classicのソースをCarbon化するのにどこから手をつけてよいかわからない


デラシネソフトホームページへ戻る