短歌  沢野唯志

徳永修と初めて会ったのは1966年。同志社大学文学部文化学科国文学専攻の赤煉瓦の古びた教室であった。 
2浪していた徳永は際だって大人びていたが、繊細な九州男児といった雰囲気を醸し出していた。
喫茶店での徳永は煙草の吸い方や珈琲の飲み方まで違っていて、二歳違いの同級生には眩しい存在だった。 
「存在が意識を決定する。」という言葉も徳永から教えてもらったが、学園紛争のさなか忽然として姿を消した。
机には魯迅の「阿Q正伝」が残されていた。
九州に戻った徳永は新婚旅行先を北陸に選び、冬の日本海の荒海で私と邂逅した。九州の海とは違うと呟いたのを覚えている。
徳永は写真に人生を見ていたらしい。NHKワールドカレンダーフォトコンテスト銀賞を受賞した。
徳永修の世界に私の短歌を添えて、そっと発信してみることとなった。
   
 
   
    
  美味しく冷えてます     
  NHKワールドカレンダーフォトコンテスト銀賞)    
         
講評 審査委員長、浅井愼平
『美味しく冷えてます』も、日常の風景を捉えた作品ですが、もう都会では見られなくなりましたね。
トマトを冷やす情景がみずみずしく、まるで水の音までが聞こえるようにリアルに表現されていました。 
日常をフレームに収めるというのは、簡単なようでかえって難しいと思われるのです。
それをさりげなく、しかし神経を行き届かせて捉えていたので 心が引きつけられたのではないでしょうか。
誰の記憶の中にもある、夏の風物詩のような作品でした。  
   
         
         
         
     
干潟の狩人    河口の模様    干潟の二人 
     

紛争の世代に生きし友の来て
酔ふために飲み諍ひて別れぬ 
      
       
   
         
         
         
   
八代海    夕映えの青春     夕影の母子
   

「六歳のをみなご斬首」と碑に刻まれ
キリシタンの島遠く蝉なく 
 

   
         
         
         
           
   
        いつもの散歩道   桜花の女             櫻
   

千本の桜の樹の下妻と行く 
悲恋の伝説弔ふごとく 


   
         
         
         
         
       身繕い    熱い日   城の階段 
   

娘のメール嫁ぎし名にて送り来ぬ 
その人格の変はりしごとく 

 
   
         
         
         
         
雨鏡     庭先の百舌鳥   穏やかな冬
     

退職し鬱になる友学ぶ友
酒乱になる友微笑美しき友 

   
         
         
         
         
 エスカレーター    異常接近    芸術家達の後ろで
     
海近き高層ホテルの窓ガラス
鳥近々と飛びて目が合う 

   
         
         
         
         
想い出    静止の瞬間          壇ノ浦の段
     
図書館の硝子の影にちりかかる
蛍のごとき雪の精霊

   
         
         
         
         
         
         
          花魁    出番待ち           狛犬も歓喜 
   
曳山の灯は消え昏き街角を
子供役者は引かれて帰る 

   
         
         
         
         
         
         
午睡   夕暮れて     満足の出来
   
夕暮れて今日も酔いどれ暖簾開け
意味のありげに酒のうんちく  

              徳永 修
 
   
         
         
         
         
         
     
 朱に混じらわず    ハンセン病患者棟   孤高 
   
カツカツと軍靴の迫る音響き
白泉の句を黒板に書く 

 
   
         
         
         
         
         
         
 急流に咲く   渦巻く花筏     釣り手鞠
     
 白峰の疎水にはやき花筏
雪解け水の渦巻く音す 

   
         
         
         
         
         
       
主人の手染め    家族    瞬光
     
 母をれば素早く隠れし猫マリー
 入院の日よりわれにすり寄る

   
         
         
         
       
美しき村     阿蘇外輪山眺望    限界集落の公園
   
大阿蘇の外輪山の中腹に 
黒雲流れ麓に灯火 
 
   
         
         
         
         
         
       
 古代大賀ハス   砂浜の鉄砲隊    落花 
     
暦には「今日」のシールが貼られけり 
延命拒否する友の病室 

   
         
         
         
         
         
         
   
寒干し    田園のアーカイブ    黄金の黄昏 
   
北京より三百キロの黍畑 
輜重兵の父この地を語らず
 
   
         
         
         
         
         
         
     
 生業   吟遊歌人    花畑 
 
基地なべて花畑にとふ沖縄の
歌あり人ら手を打ち踊る 

   
         
         
         
         
         
         
   
小紋    秋の終わりに    南国の深雪 
     
 鉄球に破壊されゆく山荘の
 映像見る日に有事立法審議入りす