12月12日 11月30日、関西大学ラグビー決勝戦(同志社対立命館)の応援に花園へ行って来ました。結果は同志社の優勝でした。あの平尾・大八木の大学選手権3連覇を知っている私にとっては少々物足りない試合内容でしたが、まあ目出度しということです。
 その後、妻と「大レンブラント展」(京都国立博物館)を鑑賞してきました。『サムソンとデリラ』の迫力に圧倒され、光と影の織りなすドラマに魅了されました。あの晩年の自画像は何を見つめているのでしょうか。
 右のチケットは、「ウインスロップ・コレクション」(国立西洋美術館)と「ウイーン美術史美術館名品展」(東京藝術大学大学美術館)のものです。いずれも深く心に残る展覧会でした。
11月10日 ◆ホームページを開設して1周年となりました。何も分からない私を親切に指導してくださった同僚の方々、私のホームページに訪問いただいた多くの皆様に感謝申し上げます。
10月7日 ◆全国選抜高校テニス大会北信越大会が終了しました。絶好のコンデションの中、緊張感あふれる熱戦が展開されました。男子優勝は松商学園、準優勝敦賀気比、3位富山国際大付属、4位篠の井、女子優勝は仁愛女子、準優勝松商学園、3位長岡、4位水橋という結果でした。私が印象に残ったのが篠の井高校。試合中にフェンスに激突して膝を骨折するという大変な事態となったが、素晴らしいチームワークと気力あふれる試合態度でベスト4まで勝ち進んだのは見事。
9月21日 ◆プレ銀婚式旅行として京都に行って来ました。
コースは「芳春院」→「進々堂」→「京都市美術館」→「東洋軒」→「四条河原町」→「祇園」→「西利の漬け物お茶漬け」→「バー・トワイライトエキスプレス」でした。
芳春院にて
9月13日 放送大学「臨床心理学概説」の単位が認定されました。成績はA(80点〜89点)でした。これで修得した科目は「心理学入門」児童の臨床心理学」と合わせて3科目となりました。次は「生涯発達心理学」に挑戦です。
9月8日 USオープンシングルスにサンプラスが優勝しました。それもアガシ対サンプラスという最高の決勝戦でした。あのニューヨークのグランド・セントラル駅の特設コートでハイタッチをしたサンプラスの手の感触を思い起こしている今日この頃です。
サンプラスとハイタッチ
9月3日 ◆USオープンを観戦してきました。ニューヨークの街はエネルギィッシュでエキサイティングでした。しかしその中にもぴりぴりとした緊張感が漂っていました。「USオープン視察報告」を更新しました。
8月8日 ◆茨城インターハイが終了しました。今大会は男女同一会場が実現し、天候にも恵まれて大いに盛り上がりました。男子シングルスは韓国人留学生同士の決勝戦となり、栄冠は安(足利工大附)の手に、ダブルスは浅野・権(柳川)女子シングルスは尾崎(夙川学院)ダブルスは川床・伊藤(園田学園)が優勝し、男女ともタイトルを分け合うという結果となりました。
「2001石川歌壇」を更新しました。
8月4日 ◆インターハイ会場に澤松奈生子さんが訪れました。今でもインターハイでの敗戦のシーンが夢に現れるそうです。ちょっと嬉しそうな私です。
◆男子団体は名古屋高校、女子団体は富士見丘高校が優勝しました。
澤松奈生子さんと
7月28日 ◆放送大学「臨床心理学概説」の単位認定試験を受けてきました昨年4月一念発起して放送大学に入学し、「心理学入門」と「児童の臨床心理学」の単位をやっとの思いで修得しました。入学時の、決意に満ちた短歌です。
「菜の花に春行く光ときめきてわれ入学す放送大学」 
7月 6日 ◆インターハイの組合せ会議がありました。会場は環境抜群の素晴らしい運動公園に24面のテニスコー
トがあります。参加選手の敢闘を祈ります。
 地平線はるかに林立するコンビナートの煙突が蜃気楼のように揺れていました。雪国で生活している私にとって、その風景が異様に感じられたのも事実です。
2002年オーストラリア遠征記録をUPしました 
6月 9日 ◆20年振りに昔のペアーと組んで公式戦に参加しました。(かつては何回か優勝もしたのですが・・・)さて、1回戦は対戦相手の高校生が恐れをなして?会場に現れず、Walk Over。2回戦は0−6の完敗という結果でした。あまりのあっけなさに大応援団は掛ける声もない有様。しかし、私は決意しました。一般の選手権に参加して実力で1勝することを
「6−0と破れしテニスもまた楽し20年振りにペアーを組みて」
5月23日 二女咲知子が北信越学生シングルス4連覇・ダブルス優勝してインカレ出場が決定しました。しかし、地元のオープン大会に参加して、前十字靱帯を断絶してしまいました。スポーツには幸運と不運が交錯し、怪我との戦いでもあります。東京昭和の森コートでのインカレ後、手術です。
5月 8日 ◆アメリカカリフォルニア在住の日本人女子高校生から礼状が届きました。
「この度は誠にありがとうございました。早速、拝見させていただきました。お忙しい中私の勝手な願いをお聞き届けくださいまして心から感謝しております。思いがけず、友人の頑張っている姿を見て私もいろいろ努力したいと思いました。本当にありがとうございました。」

インターネットが世界に情報を発信していることを実感した出来事でした
4月20日 「2002石川歌壇」 「下弦の月」を更新しました
4月18日 アメリカ在住の日本人女子高校生からの要望で、全国選抜テニス決勝戦のビデオテープを送りました。
4月 6日 「2000石川歌壇」を更新しました。
3月26日 ◆全国選抜テニス大会が終了しました。
男子優勝柳川(福岡)準優勝日大三島(静岡)ベスト4名古屋(愛知)法政二高(神奈川)

女子優勝園田学園(兵庫)準優勝四天王寺羽曳丘(大阪)ベスト4仁愛女子(福井)夙川学院(兵庫)
車椅子で入場行進する川村君 男子優勝古賀通生杯 女子優勝杯
◆車椅子で行進する川村明央君(県立岐阜商業)
 川村君は岐阜インターハイ開会式の帰り道、交通事故に遭い、約3週間意識不明の状態が続いた。
 しかし、テニスに対する情熱と、家族仲間の支えで奇跡的に回復した。
 全国高体連テニス部は10人目の選手として、川村君の出場を認めた。
◆今大会より優勝校に贈呈される古賀通生杯(左が男子右女子)
3月13日 「1999石川朝日歌壇」を更新しました。
3月 5日 「2002石川朝日歌壇」を更新しました。
2月24日 「分水嶺」を更新しました。
2月19日 インターハイフォトギヤラリーを掲載しました。
2月 5日
2月 6日
◆全国選抜選考委員会が北九州プリンスホテルで行われました。代表校やその他の情報は
  
「選抜大会ホームページ 」(九州発読売特集)が開設されますのでご覧ください。
  なお、今年度の組合せは、大会前日、各校キャプテンによる抽選によって決定されます。
1月25日 ◆石川県高等学校体育連盟功労者表彰を受けました。
1月12日
◆12日・13日、小松ドームにおいて、「北信越選抜強化交流試合が開催されました。
柳川高校・四日市工業高校・茨城県選抜が招待参加し北信越五県代表と対戦しました。
写真は左から、浅野・権・柚木崎・古賀(柳川)畠中・北村(四日市工業)
試合結果は
テニスのページに掲載しました。
1月 4日
小松ドームの外は雪 ◆4日〜6日、「第4回北信越高校テニス交流会」が開催されました。今年は、男子13校女子12校(計215名)が参加し、大雪波浪警報をものともせず熱戦を展開しました。


小松ドームにおいて
1月 1日 ◆トップページ・リンクのページを更新しました。