12.27
 12月27日石川県テニス協会とテニボラTennis Volunteer)が協力して、「新潟中越地震災害チャリティーinこまつドーム」が開催されました。
 昼の部は県強化ジュニアのメンバーがキャプテンになり、シニア・女子連の混成チームによる対抗戦を行いました。昼食は小松ジュニア母親ボランティアによる豚汁とおにぎり。寒波襲来のこまつドームには、身も心も温まる交流の輪が広がりました。新聞にも大きく取り上げられ、「被災者へ愛のサーブ」という素晴らしい見出しが付けられました。
 夜の部は、小松市と加賀市の高校生が参加したチャリティー合同練習。参加者はおにぎりを頬張りながら、6時から9時まで思い切りテニスを楽しみました。
    当日集まった義援金81,634円は、1月5日から始まる「北信越交流競技会」に参加する新潟県代表の長岡大手高校キャプテンに直接手渡すことになっています
12.12
 前フェドカップ監督小浦武志テニス教室が11日・12日の両日辰口丘陵公園室内コートで行われました。写真は石川県強化ジュニアとの記念撮影。12才14才の北信越チャンピオンも生まれ、今後に期待できそうです。
12.4  
 高体連テニス部と県協会の共催でポール・セダノ指導者講習会が行われました。インドでの試合を終えたばかりの杉山記一選手も参加し、スペインテニスの神髄をかいま見ることができました。圧巻は杉山選手の迫力ある練習を目の当たりにすることができたこと。多くの刺激を与えてくれました。
集合記念撮影 ポール・セダノ・杉山記一選手と
10.11
 伊勢志摩へのドライブの旅に出かけました。伊勢神宮は日本人の心のふるさとです。心が洗われる思いでした。
 英虞湾リアス式海岸には真珠筏が無数に浮かび、静かで美しい光景でした。
 スペイン調のリゾートホテルで、久しぶりにのんびりとした一日を過ごすことができました。
伊勢神宮参詣。五十鈴川にて 英虞湾の真珠筏(プライムリゾート賢島より)
10.10  全国選抜北信越大会が終了しました。超大型台風22号の接近で大会の開催が危ぶまれましたが、福井県高体連テニス部の皆さんによる臨機応変の大会運営で無事終了することができました。
 今大会の台風の目となったのは、小松工業の活躍。テニス経験者が誰もいないながら、監督の情熱的な指導の下、チームワーク抜群の戦いで見事ベスト4となりました。全国大会での活躍も期待したいものです。
9.25
「高校生チャレンジ事業」として、小松明峰高校テニス部と小松ジュニアテニスクラブのメンバーが交流しました。3回目の今日は、ダブルスの試合を楽しみました。
8.10
石川県体育功労賞を頂きました。24Kの朱肉入れです。ありがとうございました。
8.8
 中国04総体が終了しました。選手の主人公は田中真梨選手(共栄学園)。見事3冠を達成しました。
 また、すべての人々が認めていたのは役員の先生方・補助員・審判の高校生諸君の大会成功へ向けた献身的な姿でした。
 なにより、備前市あげてのテニスに対する情熱に感動しました。
 皆さん有り難うございました。
海の見えるテニスコート
センターコートでの表彰式 備前の街角
7.15
 「10年間、19万キロ」お世話になった愛車ゴルフが遂に力つきました。新しい車もゴルフにしました。
6.27
 小松芸術劇場「うらら」で、子供歌舞伎が上演されました。小松ジュニアテニスに所属する選手 も熱演しました。本格的な舞台に、歴史と伝統の重さを感じました。
6.20
 北信越大会が終了しました。会場は紫陽花と立山連峰が美しい富山市岩瀬運動公園テニスコート。台風接近に伴う熱風が吹き込むコートでは、まさに熱い熱い戦いが展開されました。
 今大会の白眉は女子団体決勝戦。一進一退の攻防は観る者すべてを魅了しました。勝者も敗者も見事。
 大会全体を通じて感じたのは、北信越地区全体のレベルアップでした。インターハイでの健闘を祈ります。
5.15
 長女鮎子が福岡市のレストラン「ラカロッツア」で結婚しました。参列された全ての方々が二人の立会人という「人前結婚式」という形式でした。
 京都で出会った二人は、運命の糸にたぐり寄せられるように福岡の地で新しい生活を迎えることとなりました。

 新婚旅行はフランスへと旅立ちました。
5.3
テニスシーズン始まる。
辰口丘陵公園でジュニア大会(U18・U16)が開催されました。
4.10
校庭に植えられた記念樹の枝垂れ桜が満開です。
枝垂れ桜
3.25
次女咲知子が大学を卒業し、「課外活動の振興に功績があった」と認められ、学長表彰を頂きました。
大学卒業
3.21〜
   27
 第26回全国選抜高校テニス大会が福岡県博多の森テニスコート・九州国際テニスクラブにおいて開催されました。団体優勝は男子柳川・女子園田学園、個人優勝は男子井藤(清風)・女子高雄(澁谷幕張)という結果となりました。
 私は、今年より新設された個人戦のレフェリーという立場で参加しました。
個人戦会場 個人戦役員補助員全員集合
3.13〜
    14
3月13日14日、ジュニア交流会が、小松ドームにて開催されました。
 エアロビックスから始まった開会式、シニアとの練習、車いすテニスの方々との交流、夜は勉強会、地域対抗戦と、まさに盛りだくさんな内容での交流会となりました。
 参加者は、いつものテニス大会とは一味違った触れ合いを感じたに違いありません。
車いすテニスプレーヤーとの交流
3.10  福井県高体連テニス部専門委員長吉田茂先生が急逝されました。先生は祭壇に掲げられた写真の中で優しい笑みを浮かべておられました。ほぼ同じ時期に専門委員長になり、気心の知れた先生が返らぬ人になられました。言葉もありません。ご冥福をお祈りいたします。
2.29
 「サライ」創刊記念プレゼントに当選し、帝国ホテル宿泊に招待されました。
 レストラン「チチェローネ」では、ローマの名門ホテル「ハスラー」の顔であるルイジ・フラーレ氏と一緒に楽しい一時を過ごしました。「オールドインペリアルバー」でカクテルを飲み、朝食は「なだ万」という充実したプレゼントでした。
 翌日は小雪の散る銀座を楽しみました。
 レストランにて ロビーの花
1.25
 3年ぶりの大雪。交通網は遮断され、勤務校は休校となりました。我が家は一日中雪かきに追われました。
 戯れに作った小さな雪だるまたちをかまくらに入れ、ローソクを灯してみました。暗闇の中、幻想的に浮かび上がりました。
ロウソクをクリックして、動画をご覧下さい。  雪かき
1.21 平成15年度NHK全国短歌大会に入選しました。済州島で詠んだ作品です。

漁り火に水平線は帯となり済州(チェジュ)海峡に火星が迫る
1.10〜  12
 福岡より長井家をお迎えし、長女鮎子の結婚が正式に決定しました。10日はホテル百万石にて会食、11日は金沢散策、12日は輪島観光と、楽しい時間を過ごすことができました。
 結婚式の予定は5月15日、1年間は福岡、その後2年間は夫君のアメリカの大学院でのMBA取得に同行と、なかなか忙しい新婚生活となりそうです。


  
ホテル百万石 兼六園の雪つり
両家集合 千里浜海岸
1.4〜 6
 第6回北信越高校テニス交流競技会が1月4日〜6日小松ドームにおいて行われました。例年大雪波浪警報が出され、屋根を滑り落ちる「ドドドドー」という雪の音を聞きながらプレーしていましたが、今年は、外でも競技可能という温暖な条件下での開催となりました。
 夜9時過ぎまで練習試合を組む学校も増え、ドームは朝からフル回転でした。来年度からは、リーグ戦による選手権大会形式を考えています。

 参加校
(男子)上田西・中野西・東京学館・長岡・新潟東・北陸・金沢・金大附属・野々市明倫・大聖寺・小松・金沢伏見・小松選抜
(女子)中野西・長岡・高田北城・水橋・高志・星稜・大聖寺・金沢泉丘・金沢錦丘・野々市明倫・金沢伏見・小松選抜
1.3
 大聖寺高校第32回卒業生同窓会が加賀市長正殿で開かれました。私が1年生から3年生まで担任した思い出深い学年です。この3年間に、結婚・鮎子の誕生と個人的にも充実した時を経験しました。
 彼らは40代前半のまさに働き盛り、楽しいひとときを過ごすことができました。
1.1
 明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。