12/31
今年の大晦日も恒例の「田がみ」の寿司と日本酒の「池月」です。
今年は更に有田焼「柿右衛門」が加わりました。
外では激しく雷が鳴り、明日の元旦は雪模様です。
12/1〜2
国語科研修旅行で京都南座顔見興行に行きました。
昼の部は第一「将軍江戸を去る」第二「勧進帳」第三「義経千本桜」第四「二人椀久」という豪華絢爛なものでした。特に本年は中村錦之助の襲名披露ともなり熱気をはらんでいました。
京都の町は紅葉の最後の見ごろとも重なり、大賑わいでした。
11/25
小松ドームで石川県ジュニアクラブ対抗戦が開かれました。小松ジュニアは初参加でしたが、男子はノーシードからの準優勝・女子は優勝という好成績でした。
特に男子ダブルスは接戦を制しての快進撃で大いに盛り上がりました。
ジュニア選手が団体メンバーの一員として責任感と仲間を信頼する気持ちを育むことは大切なことです。
みな、それぞれの役割を果たして満面の笑みをもらしています。
11/24
小松明峰高校テニス部・小松ジュニア・東かがわジュニア・車いすテニスの交流会が辰口丘陵公園で行われました。
団体戦・テニス教室・車いす体験・ニューミックステニスと盛りだくさんの内容で、参加者はテニスの楽しさを満喫しました。
また、昼食には豚汁が振る舞われ、和気藹々のうちに交流は深まりました。
東かがわジュニアの代表者杉山さんから届いたレポートです。 
11/18
京都大原三千院に妻と日帰りの旅に行ってきました。紅葉は7分というところでしたが、久しぶりに京都の街を歩き回りました。
11/3〜4
第3回北信越小松ジュニア大会が小松ドームで開かれました。右近プロジュニアテニスレッスンは大盛況で熱気に包まれました。
小松ジュニア勢はU12男子で優勝、準優勝。U14女子でベスト4という好成績でした。
10/27
義父の喜寿のお祝いを白峰ホテル八鵬で行いました。長女夫婦は福岡から駆けつけ、次女の婚約者も参加して賑やかな会となりました。
白山麓白峰は紅葉が美しく、翌日は快晴にも恵まれてドライブを楽しみました。
夜は、恒例の温泉卓球大会で大いに盛り上がりました。
10/22〜23
平成21年度奈良まほろばインターハイの視察に行きました。会場は橿原総合運動公園庭球場と明日香庭球場。「君が今 歴史の新たなページを創る」がテーマとなります。
橿原市には日本の心の原形とも言える風景が残され、大和三山に囲まれた土地には爽やかな風が流れていました。
実行委員会を中心に準備が着実に整えられています。今までのインターハイとは違ったドラマが展開されることが期待されます。
私は、帰り道電車に飛び乗って法隆寺を一人散策しました。
右のスケッチは参道の石に座って描いたものです。
10/12
金沢で行われた「月見光路」というイベントに行ってきました。
金沢城のライトアップと光のオブジェを背景にギターのクラシック演奏を鑑賞したり、21世紀美術館への光のプロムナードを散策したりと、幻想的な一時でした。
10/5〜7
第30回全国選抜高校テニス大会北信越地区大会が全国のトップを切って開かれました。会場は富山岩瀬スポーツ公園テニスコート。
優勝は男子敦賀気比高校、女子仁愛女子高校と福井勢が大活躍しました。
会場には金沢伏見高校と交流を深めている車いすテニスの方々も応援に駆けつけました。
私は、北信越高体連テニス部より、立派な感謝状の盾を贈っていただきました。
北信越大会は審判補助員の生徒達がが濃紺のトレーナー、役員の先生方は赤のウオームアップという全国大会を思わせる緊張感溢れる大会となりました。
8/22〜29
「第15回日・中・韓ジュニア交流競技会」が中国・桂林で行われました。私にとっては5回目の参加。最初も中国・石家荘で男子監督でした。

今回は、大阪で合宿をしてから大会に臨みました。初戦韓国戦では男女とも0−2からの大逆転勝利をあげるという10年振りの快挙でした。女子中国戦は13時間以上に及ぶ大激戦でした。

選手諸君からはJAPANのTシャツに寄せ書きを送られ、私にとっては思い出多い大会となりました。
最終日は桂林の絶景を堪能しました。

レポートはこちらからどうぞ。
8/14
私の自宅から車で5分。いしかわ動物園があります。広大な敷地を持ち、環境に優しい、動物たちの生態も学習できるなかなか良い動物園です。
NIGHT ZOOがあるということで、妻と行ってきました。他府県からの来場者も多く、大変な人出でした。
ライトアップされた園内は
幻想的な雰囲気で、夜行性の動物たちは、いつもと違う表情をしていました。
写真の後方にはキリンとシマウマがいます。
8/5
「07青春・佐賀総体」が成功裏に終了しました。私が最初に参加したインターハイが佐賀インターハイ(軟式輪島高校)、そして最後も佐賀。一生忘れることのできないインターハイとなりました。
また、総合開会式にも参列する機会を与えて頂きました。写真右は、1年生チャンピオン奈良くるみさん。新女王の誕生です。
レポートはこちらからどうぞ。
7/5
「青春・佐賀総体」の組み合わせ抽選会が佐賀県文化会館で行われました。
男子団体は地元龍谷高校が第1シードとなり、大いに盛り上がることが予想されます。
今年度テニス競技は、総合開会式にも参加します。
6/23
「石川県高等学校テニス選手権大会50回記念大会祝賀パーティー」が、全日空ホテル鳳凰の間で80名が参加して盛大に行われました。
全国高体連からは宮浦部長・大森副部長、が参加し、吉田洋子仁愛女子テニス部監督とともに、シンポジュームでも話をして頂きました。
パーティーには、県体協・県テニス協会・県高体連・各メーカーをはじめ、各校顧問が集いました。
歴代専門委員長・優秀監督が表彰され、私も感謝状を頂きました。
お亡くなりになった西田先生・柄田先生の奥方が参列され、感謝状を贈呈するとともに、故人の功績を讃えました。
オーケストラ・アンサンブル金沢所属の藤井さんのトランペット演奏もあり、厳粛な中にも和気藹々としたパーティーとなりました。
6/15〜6/17
北信越高校テニス大会が福井県で開催されました。男子会場となった福井県運動公園テニスコートは、今では珍しくなったハードコートです。オムニコートとは違った攻撃的なテニスが展開されました。男子優勝は松商学園高校・女子は仁愛女子高校でした。
写真上は、体育館で行われた開会式風景。仁愛女子高校マーチングバンドが見事な演奏で大会を盛り上げました。
下のスケッチは、運動公園テニスコート。観客席には、タンポポが満開でした。
補助員と審判の高校生は、真っ赤なTシャツと黄色のバンダナというオシャレな服装で、まるでインターハイを思わせる雰囲気でした。
黄色が目立つ大会でした。
6/10
ロスアンゼルスに2年間留学して帰国した娘夫婦が、小松に来ました。そこで、恒例の田がみで極上の寿司を楽しみました。
翌日は、人口40万人の金沢で、年間130万人の入場者を誇る奇跡の美術館「金沢21世紀美術館」に行ってきました。是非1度お越し下さい。ファンになることは、保証します。
5/31〜6/3
教員生活最後の高校総体が行われ、25年振りの監督としてベンチに入りました。結果は第2シード星稜に敗退しましたが、選手は悔いのない試合を展開しました。
5/21〜26
石川オープン2007が金沢城北テニスコートを会場に開催されました。今年も、ディレクターとしてこの大会に参加しました。優勝は、男子古賀選手、女子萩原選手。
表彰式でのウイナーズスピーチは、感動的で、多くの拍手が送られました。
5/12
 長女鮎子の夫君信市朗君がクレアモント大学大学院を卒業しました。どこか晴れがましい記念写真が送られてきました。
 2年間のロスアンゼルス生活も終わり、福岡での勤務が始まります。
5/6
第3回マナーキッズ大会が小松市末広コートで行われました。あいにくの雨天でしたが、県下から120名が参加し、チャレンジコース・セレクトコースに熱戦が展開されました。
ベスト8に進出した経験のある小松ジュニアの選手達は、スタッフとして運営に大活躍しました。
写真右は、お揃いの「無二一球Tシャツ」
5/5
ジュニア大会が早く終わりましたので、久しぶりに九谷焼茶碗祭りに行きました。大勢の人の波で賑わっていましたが、私は、三ツ井為吉の酒盃を買いました。古九谷の伝統を継承し、現代に生かした趣があります。山茶花に鶯の絵柄です。
その後、金沢へ行きました。市役所前の花時計が美しく、恒例のおでん「赤玉」を出てそぞろ歩きしている頃には、四高跡地(現在は近代文学館)はライトアップされていました。
5/3〜5
爽やかな五月晴れの下、U16・U18の県ジュニア選手権大会が辰口丘陵公園テニスコートで開かれました。新緑のテニスコートは、森林浴も楽しめる程の絶好のコンディション。
いよいよテニスシーズンが始まりました。
しかし、辰口丘陵公園の老朽化は目を覆うばかりです。早急に補修を行わねばならない時期に来ています。
4/8
石川県小学生大会終了後、兼六園に花見に行ってきました。快晴の金沢は、気もそぞろといった風情がありました。
小学生大会での小松ジュニア勢は男女とも優勝と3位という結果でした。
夕食は、日本酒におでんを楽しみました。
3/21〜27
第29回全国選抜高校テニス大会が博多の森テニスコート・九州国際テニスコートで開かれました。今年は、センターコートで開会式が華やかに挙行されました。写真上は、その開会式風景。スタンドには、カラフルなウエアがスタンドを彩りました。
優勝は、男子柳川高校と女子長尾谷高校。レポートはこちらからどうぞ。
2/10〜12
日本テニス協会派遣コーチによる北信越ジュニアテニス合宿が辰口丘陵公園で行われました。北信越各県のU14のトップジュニアが参加して、充実した内容の合宿でした。
詳細は、レポートをご覧下さい。
2/3
ロスアンゼルスの娘夫婦から恵方巻きの写真が送られてきました。恵方巻きとは次のようなものです。
節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかかじりするのが習わしとされる。食べている間は、無言でなければならない。

ちなみに今年の恵方は北東の方角でした。
2/2
第29回全国選抜高校テニス選考委員会・組み合わせ抽選会が行われました。ドリーム枠2校を含む男女各50校が選考され、組み合わせが決定しました。
3月21日から始まる大会に向けて、一気に盛り上がりを示しています。
1/27
小松市内にある中国茶専門店「清華茶荘」に妻と行きました。ゆったりとした時が流れています。
私は、黒米茶を飲みました。風邪予防等に効き目があるそうです。
1/20〜
21
小浦武志日本テニス協会GMによる指導者講習会・強化練習が行われました。
20日は石川県強化ジュニア対象の講義と強化練習。21日は1年生大会上位入賞者と顧問対象の指導者講習会という日程でした。
写真は、20日の強化ジュニア対象練習会参加者の記念撮影。
1/13〜
14
1月13日14日ウイルソンチャレンジカップがこまつドームで開かれました。試合の時間を縫って、福永コーチ・梅原コーチによる強化練習会が行われ、多くの選手が参加しました。
1/5〜6
1月5日〜6日、こまつドームにおいて第9回北信越選抜高校テニス交流会が開かれました。今年は、例年になく暖冬で、雪のない大会となりました。特に、日本リーグ「ワールド」の角田選手・下選手が参加し、石川選抜ジュニアとチームを組み大いに盛り上がりました。参加校は次の通り。
男子
伊那北・伊那弥生が丘・長岡・高田・富山国際・富山第一・富山北部・星稜・金沢市工・金沢伏見・小松選抜・科学技術・ワールド
女子
篠ノ井・長岡大手・分水・富山国際・富山北部・星稜・金沢錦丘・金沢伏見・野々市明倫・小松選抜・若狭

1/1
明けましておめでとうございます。
2007年の元旦は、初日の出・初詣(安宅住吉神社)・雪の残るコートでの初テニスとなりました。
世界中が平和でありますように。
1日1日が充実した日々でありますように。