七ッ梅無濾過純米

今週は、灘の浜福鶴銘醸の七ッ梅無濾過純米を取りあげます。行きつけの酒のたかたさんで購入しました。
この蔵は私の大好きな「空蔵」を製造しており、たかたの店主から純米無濾過のいいお酒が入ったということで購入してみました。
原料米は兵庫県産の山田錦を100%使用し精米歩合が65%、酵母がK−7、アルコール度数が17度となっています。
七ツ梅は、伊丹の銘酒として、江戸時代には葛飾北斎など歌人や文人などに愛され、大奥の御前酒となっていたそうで、それを灘の浜福鶴が継承しました。店主の話では30石の手作り限定生産とのこと。
冷やで飲みましたが、柔らかくきれいな酸が印象的で、旨味成分のバランスが良くスムーズに喉元を流れていきます。食中酒と幅広い料理に合うのではないかと思います。
この旨さで価格が1升2400円程度ですから、飲んでとても満足出来るお酒です。 

これまで掲載した過去銘柄一覧はこちら

トップへ戻る