03/6/9

あなたとわたし 今ここにいるよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
李政美(いぢょんみ)。東京葛飾生まれ、シンガーソングライター・芝居小屋の歌い手だった父親の歌う歌謡曲、演歌を聞いて育つ。音楽大学(声楽科)に入学、主にイタリアオペラを学ぶ傍ら、朝鮮民族音楽、フォークソング、世界の民族音楽に興味を持ち始め、ライブ活動を開始、自作の歌をはじめ、
ジャンルにとらわれない幅広いレパートリーを持つ彼女の歌声を小室等は”勇気となぐさめを与える歌”と評し、永六輔は”この素晴らしさを多くの人と分かち合いたい”と絶賛している。・・・李政美ライブのちらしから・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちょんみちゃんは友達です。とってもやさしく、そして、温かく、それから、その歌声はいつも心を揺さぶります。在日ということで、たくさんの悲しみや苦しみを感じることも多いけれど、だからこそ、その優しさがあるのだと思います。
 個人懇談で、3人のお母さんがたとじっくりとお話をすることができて、その思いを新たにしました。みいちゃんも、かなちゃんも、ゆかちゃんも3人とも地域の学校から、この養護学校に来ておられます。どんなに周りのお友達にめぐまれていても、それでも、長い間には、つらいことも、あったかもしれません。それから、病気や障害のために、苦しい思いをしたこともあったとお聞きしました。3人のお母さんがそろっておっしゃっておられたことは、「どんなことも、決して無駄なことはない」だから、苦しみもまた、3人の子ども達の心を優しくしてくれたり、思いありのあるお子さんに育ててくれたのだと思いました。
 2コースの生活の時間に、毎回ちょんみさんとおーまきちまきさんの歌(詩を作ったおーまきちまきさんも、私の友人です。神戸の震災のあと、ライブ活動を始めた方です)イマココニイルヨを歌っています。
 繰り返しが多いこともありけれど、とても心に残る旋律で、あっというまに、みんな覚えて、とてもとても大きな声で歌うようになりました。
 とっても一生懸命に歌っている様子を見て、授業で一緒の塚原先生や柴田先生も「すごいですねえ」とほめてくださるほどです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イマココニイルヨ
作詞:李政美(いちょんみ)
作曲:おーまきちまき

 アナタトワタシ イマココニイルヨ
 アナタトワタシ イマココニイルヨ 
    生まれた場所も 息をしている場所も 遠く離れていても

アナタトワタシ イマココニイルヨ
 アナタトワタシ イマココニイルヨ
    この星のかたすみ 花の種まいて 小さな歌をうたってる 

アナタトワタシ イマココニイルヨ
 アナタトワタシ イマココニイルヨ 
せつなさも 喜びも 時を空を越えて 響きあう 不思議

アナタトワタシ イマココニイルヨ
 アナタトワタシ イマココニイルヨ 

アナタトワタシ イマココニイルヨ
 アナタトワタシ イマココニイルヨ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 あなたと私、今ここにいるということ・・
長い時間の流れの中で、広い宇宙の中で、今、こうして、毎日3人の子ども達とすごせること、おうちの方とも出会えたこと・・・それは本当に不思議なことです。
その出会いを大切にしたいなあと思います。

 先週は、校内実習の一週間でした。 それで、今週はそのまとめと、12日の進路学習の事後を生活の時間におこなうことになっています。それで、その次の集に、歌があんまり上手なので、宮田先生にビデオにとっていただこうという話になりました。
 李政美さんも、ぜひ、見せてとおっしゃるのです。みなさんにも、ビデオが撮れたらお回ししますね
目次へ