ALBUM COLLECTION バックナンバー 2017

January Februaly March April May June July August September October Nobember December


  1. THE RISE OF CHAOS/ACCEPT
  2. LIFE/ADAGIO
  3. WILL TO POWER/ARCH ENEMY
  4. RELENTLESS MUTATION/ARCHSPIRE
  5. BLOOD - FURY - DOMINATION/ARTHEMIS
  6. BRINGER OF PAIN/BATTLE BEAST
  7. WAR OF DRAGONS/BLOODBOUND
  8. BURNING WITCHES/BURNING WITCHES
  9. OFF THE GRID/CELLADOR
  10. THE SICK,DUMB & HAPPY/THE CHARM THE FURY
  11. RED N' ROLL/CHRONOSPHERE
  12. CRYPTORIANA - THE SEDUCTIVENESS OF DECAY/CRADLE OF FILTH
  13. VANQUISH THE DEMON/CRY VENOM
  14. REACHING INTO INFINITY/DRAGONFORCE
  15. SIX/DREAM EVIL
  16. WELCOME TO EMBER FALLS/EMBER FALLS
  17. TWO PATHS/ENSIFERUM
  18. CLOAKS OF OBLIVION/ERUPTION
  19. THE FERRYMEN/THE FERRYMEN
  20. IMMORTALS/FIREWIND
  21. ONCE UPON A JOKE/GAIDEN [IMPORT]
  22. ULTIMATE SACRIFICE/GALNERYUS
  23. HEALED BY METAL/GRAVE DIGGER
  24. NORTHERN HELL SONG/GYZE
  25. STRENGTH IN NUMBERS/THE HAUNTED
  26. INCORRUPTIBLE/ICED EARTH
  27. GODS OF VIOLENCE/KREATOR
  28. ARCHITECTURE OF A GOD/LABYRINTH
  29. MASTERY/LANCER
  30. WALL OF SOUND/MARTY FRIEDMAN
  31. EMBERS OF A DYING WORLD/MORS PRINCIPIUM EST
  32. SLIME AND PUNISHMENT/MUNICIPAL WASTE
  33. PHOENIX/NOCTURNAL RITES
  34. GUNMEN/ORDEN OGAN
  35. THE GRINDING WHEEL/OVERKILL
  36. SEASONS OF THE BLACK/RAGE
  37. THE NATURE OF TIME/SECRET SPHERE
  38. CODEX OMEGA/SEPTICFLESH
  39. MACHINE MESSIAH/SEPULTURA
  40. MAGIC/SERIOUS BLACK
  41. SHADES OF HUMANITY/SHADOWSIDE
  42. STRIKER/STRIKER
  43. ONE FOOT IN THE GRAVE/TANKARD
  44. WEAPONS OF THRASH DESTRUCTION/TERRIFIER
  45. HEROES OF MIGHTY MAGIC/TWILIGHT FORCE
  46. APEX/UNLEASH THE ARCHERS
  47. LEVIATHAN/VOLCANO
  48. WOE TO THE VANQUISHED/WARBRINGER
  49. STONEHYMN/WIND ROSE
  50. THE FOREST SEASONS/WINTERSUN
  51. THEATER OF DIMENSIONS/XANDRIA

January

FIREWIND | GRAVE DIGGER | KREATOR | LANCER | MORS PRINCIPIUM EST | SEPULTURA | TWILIGHT FORCE | XANDRIA |

IMMORTALS/FIREWIND

不滅神話 - イモータルズ/ファイアーウィンド

SONY MUSIC SICP-5166 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ギリシャ出身ギタリスト、ガスG.率いるバンドの八枚目のアルバムです。

 ハスキーなボーカルを伴ってパワフルなギターリフを叩きつけていくソリッドでドラマティックな1から様式美全開のサウンドが炸裂するアルバムは、タイトでアグレッシヴなリフが切れ込むスリリングなアップテンポの2、ナレーションを絡めたメランコリックなイントロから叙情メロディが炸裂するドラマティックでタイトなアップテンポの3、オルガンの荘厳な響きに導かれる4はソリッドなリフがダイナミックに展開していくシャープでエッジの効いたミッドテンポのロッキンなナンバーでランディ・ローズ風のソロパートが印象的。アコースティックの静かなイントロからエモーショナルなヴォーカルが染みるバラード調パートから勇壮に展開する情感豊かなミッドテンポの5、哀愁帯びたイントロからタイトなリフを刻むエモーショナルなミッドテンポの6、ブルージーなイントロから情感豊かに進むバラードナンバーの7、スリリングなリフが激しく展開していくインストナンバーの8から空気を引き継いでドラマティックに展開していくスピードナンバーの9、叙情性高まるイントロからアグレッシヴに展開するダイナミックなミッドテンポの10、ボーナストラックには、叙情メロディで突き進むタイトでスリリングな劇的ナンバーの11、1と3のデモバージョンが収録されています。

 ガスG.のソロアルバムの仕上がりがアレな感じだっただけに、こっちの方でもアメリカナイズされたサウンドが展開されるのではと懸念されましたが、そんなことはこれっぽっちもなかった'`,、(´∀`) '`,、ギターヒーローここにありと言う派手なギターソロが全開の様式美メタルがこれでもか、と繰り広げられており、すっかり溜飲を下げる出来栄えに。ソロアルバムとはまるで別人のようなプレイっぷりに、オジーのところはストレスがたまるんだろうなあ、とか思ったり思わなかったり。鮮やかなギタープレイと堅実なパフォーマンスが堪能できる一枚でした。
同系統アルバム
SAVAGE REQUIEM/MAGIC KINGDOM
APOCALYPSE AGAIN/THUNDERSTONE
DIABOLICA/IRON MASK

HEALED BY METAL/GRAVE DIGGER

ヒールド・バイ・メタル/グレイヴ・ディガー

WARD RECORDS GQCS-90255 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ジャーマンメタルの重鎮による19枚目のアルバムです。ちょっと数え方は不明だけど(´Д`;)

 厚いコーラスに導かれるタイトなヘヴィナンバーの1で幕を開けるアルバムは、アグレッシヴに畳み掛けるソリッドなパワーメタルナンバーの2、スリリングなリフワークで突進していくアグレッシヴなスピードナンバーの3、初期アクセプトみたいなキャッチーなコーラスに導くザワザワするミッドテンポの4、タイトなリフで切り込むエピックなコーラスとメイデンみたいなソロパートが印象に残るエッジの効いたアップテンポの5、どこのカム・トゥギャザーだって言う空気のヘヴィなミッドテンポの6、ザクザクしたリフが激しく切り込みつつダークなメロディを重ねるダイナミックなミッドテンポの7、ドライヴするリフと叙情メロディで押し込んでいくパワフルなアップテンポの8、ソリッドなリフを叩きつけつつ派手なコーラスへと導くアップテンポの9、グルーヴィなリフを連ねる奇妙なキャッチー感を生み出すヘヴィナンバーの10、ボーナストラックには、切れ味鋭い突進ナンバーの11、ミッドテンポのロックナンバーの12、哀愁帯びたメロディを紡いでいくバラード風ナンバーの13が収録されています。

 前作同様にコンパクトな楽曲が揃えられて緊張感を維持していくアルバムは、いつも通りの哀愁帯びたメロディとパワフルなサウンドが重なり合うものになっており、安定したクオリティを保っています。特別変わったこととか新たな要素とかは見当たらないので、マンネリだと感じる人もいるかもしれませんが、これが(・∀・)イイ!!そんなわけで、普通にグレイヴ・ディガーな一枚でした。
同系統アルバム
TITANCRAFT/IRON SAVIOR
DECADANT/U.D.O.
THE LAST STAND/SABATON

GODS OF VIOLENCE/KREATOR

ゴッズ・オブ・ヴァイオレンス/クリエイター

WORD RECORDS GQCS-90273/4 [☆☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ジャーマンスラッシュの重鎮による14枚目のアルバムです。

 マーチ風のケルティックで壮大なイントロダクションで幕を開けるアルバムは、唸りを上げるギターリフで突っ走るダイナミックな展開のスピードナンバーの2から一気にテンションを高めていくと、ダークでグルーヴィなムードで進む重厚なミッドテンポの3、クランチーなリフが荒れ狂うドラマティックな展開を絡めた怒涛の突撃ナンバーの4、メランコリックなイントロから勇壮なコーラスを呼び起こす5はスラッシュメタルとエピックメタルが融合するダイナミックなナンバー、不穏なムードと叙情メロディが交錯するイントロから突っ走る緩急を効かせたスラッシーな6、哀愁帯びたミッドテンポのエピックメタルナンバーの7、リリカルなイントロからNWOBHMの息吹を感じさせつつ突撃するスピードナンバーの8、躍動感のあるタイトなリフで突き進むエモーショナルなミッドテンポの9、起伏大きく突っ走るダイナミックなスピードナンバーの10、センチメンタルなイントロから加減速を繰り返しつつドラマティックに突き進むアップテンポの11、ボーナストラックの12はタイトなリフを刻みつつ緊張感を高めドラマティックなコーラスへと雪崩れ込むアップテンポのナンバーが収録されています。
 付属のライヴBlu-rayは2014年のヴァッケンの模様が収録されており、前作の楽曲がすっかりこなれた感じで演奏されており、パイロとか発炎筒とかいいよね!(´∀` )って感じだ。

 ここ最近では常に前作をアップデートしてくるバンドですが、今作でもエピックメタル的な要素を強く盛り込んで、ドラマティックに仕上げています。研ぎ澄まされていくメロディラインは、更に強化されて北欧メロデスバンドもかくや、と言う充実度を見せて楽曲を盛り上げていきます。ピュア・スラッシャーには色々不満が残るかと思われるアルバムは、これまで試行錯誤してきた多彩な要素をスラッシュメタルの土台に組み込んで、独自のサウンドに仕上げるスタイルも完成形に近づきつつある感を強めつつも、新たな領域も模索する貪欲な姿勢を露にする、ベテランバンドの意欲的な一枚です。
同系統アルバム
THE EVIL DIVIDE/DEATH ANGEL
PANGEA/PARADOX
BROTHERHOOD OF THE SNAKE/TESTAMENT

MASTERY/LANCER

マスタリー/ランサー

WARD RECORDS GQCS-90254 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 スウェーデン出身のバンドの三枚目のアルバムです。

 テンション上がるハイトーンヴォーカルの叫びで幕を開けるアルバムは、湿り気帯びたメロディが印象的なアップテンポの1から、メロディックメタルを追求しており、哀愁メロディのイントロから叙情メロディが躍動するミッドテンポの2、シリアスなムードを高めるダイナミックな展開で進むパワフルなミッドテンポの3、リリカルなイントロから情感高めていきスケール感を生み出していくエモーショナルなナンバーの4、不穏なイントロが導く5はスピード感高まるスリリングな展開と躍動するリフが印象的なファストチューン。グルーヴィなリフとエスニックなメロディで進む起伏の大きいミッドテンポの6、タイトなリフでスリリングに突き進むドラマティックなファストチューンの7、物悲しいイントロからの8は情感高まるリリカルなミッドテンポのナンバー、ソリッドなリフで突っ走るエッジの効いたアップテンポのファストチューンの9、エモーショナルな歌唱を聴かせる導入部からドラマティックに加速していく展開の激しいスピードナンバーの10、メランコリックでエモーショナルなメロディで迫るドラマティックなミッドテンポの11、ボーナストラックの12は6のラジオバージョンが収録されています。

 ハロウィン系譜の正統派なメロディックメタルを作り出していくアルバムは、順当なレベルアップを重ねており、整合性のとれた楽曲を揃えていきます。ヴォーカルのパフォーマンスもそこそこ安定しており、バラエティを増してきた楽曲と相まって完成度を高めてきたことを強く感じさせます。着実に地力を高めつつある、成長の最中にある一枚でした。
同系統アルバム
SEVENTHIAN ...MEMORIES OF TIME/DREAMTALE
AVALON/TRAUMER
BUILT TO LAST/HAMMERFALL

EMBERS OF A DYING WORLD/MORS PRINCIPIUM EST

エンバーズ・オヴ・ア・ダイイング・ワールド/モルス・プリンシピアム・エスト

MARQUEE MICP-11329 [☆☆☆] >>>>>BUY...?

 フィンランド出身のバンドの六枚目のアルバムです。

 緊迫感高まるシンフォニックなイントロダクションで幕を開けるアルバムは、北欧的な叙情感残るメロディを保つダイナミックなミッドテンポの2からグロウルによる情念高まる叫びが木霊するサウンドが展開されていくアルバムは、捩れたギターリフを繰り出しつつタイトなビートを刻んでいくエモーショナルなミッドテンポの3、厚いコーラスに導かれる4はタイトなリフで突進していく攻撃性を高めたアップテンポのナンバー。女性ヴォーカルも加えた哀愁メロディが充満するメランコリックで情念が炸裂する5、懊悩高まるダークなリフで進む密度の高いダイナミックなミッドテンポの6、ブルータルに突進していくスリリングなファストチューンの7、混声コーラスによる荘厳なムードの小品の8から、攻撃的なリフを繰り出すアグレッシヴな突撃ナンバーの9へ。シンフォニックなイントロからの10は感情の振幅と起伏の大きいミッドテンポのナンバー。ボーナストラックには、過去に郷ひろみがカバーしたことでお馴染みのリッキー・マーティンのブルータルなカバー(´Д`;)が収録されています。

 えーっと、うん普通の北欧シンフォメロデスだな'`,、(´∀`) '`,、というくらいに個性が希薄になってきてしまったアルバムですが、楽曲のクオリティは一定レベルを保っているので、それなりに聴けるものにはなっています。シンフォニックな要素やクワイアも大幅に投入されてスケール感の大きい空気感を醸し出していますが、そこまで吹っ切れてはいないので、デスメタル的な鋭角さとの相克がマイナスの方に働いています。方向性が微妙に定まらなくて、色々もやっとする一枚でした。
同系統アルバム
ATOMA/DARK TRANQUILLITY
CAPTIVITY & DEVOURMENT/ARMAGEDDON
COLD INFERNO/DISARMONIA MUNDI

MACHINE MESSIAH/SEPULTURA

マシーン・メサイア/セパルトゥラ

WARD RECORDS GQCS-90263 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ブラジル出身のバンドの14枚目のアルバムです。

 ダークで重厚なヘヴィナンバーの1で幕を開けるアルバムは、アグレッシヴに突進していくブルータルな2、トライバルなビートを加えつつエキゾティックに迫る3はタイトなリフと咆哮が交錯する高密度のミッドテンポのナンバー、タイトなビートを刻む4は威嚇的なヴォーカルが襲い掛かるテクニカルなヘヴィナンバー、不穏なリフが唸りを上げるイントロから多彩なプレイを聴かせていくプログレ風味のインストナンバーの5、不安感の残るイントロから壮大な展開を見せるブルータルなヘヴィナンバーの6、破壊力満点のグルーヴィでシネマティックなヘヴィナンバーの7、タイトでクランチーなリフで突っ走る緩急の強い突撃ナンバーの8、エモーショナルなギターソロを絡めて突っ走るスラッシュナンバーの9、タイトなビートが浮遊感を生み出すリフと交錯する破壊的なナンバーの10、ボーナストラックにはアグレッシヴに突き進むミッドテンポの11、そして何でこの曲を選んだ?のウルトラセブンの歌が収録されています。

 めっきりIQの高いサウンドを展開するようになって久しいバンドですが、今作でも自らのルーツであるトライバルな要素やプログレにまで足を突っ込んだエクストリームな楽曲を揃えています。凶暴性と理性がもつれ合うようなサウンドは、バンドの新たなアイデンティティとなっており、さらに洗練されたスタイルを提示していきます。旧来のストレートな楽曲を期待する向きはもう少なくなったと思われますが、クオリティはそれなりに高い、ちょっと捻りの効いたアグレッシヴな一枚でした。
同系統アルバム
THE VIOLENT SLEEP OF REASON/MESHUGGAH
WHAT SHOULD NOT BE UNEARTHED/NILE
BEAST/DESPISED ICON

HEROES OF MIGHTY MAGIC/TWILIGHT FORCE

ヒーローズ・オブ・マイティ・マジック/トワイライト・フォース

WARD RECORDS GQCS-90266 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 スウェーデン出身のバンドの二枚目のアルバムです。

 オーケストレーションが全開の派手なイントロで幕を開けるアルバムは、ハイトーンヴォーカルがファンタジックなサウンドに導かれる重厚ながらもキラキラ感満載の劇的疾走ナンバーの1から、煌くシンフォニックメタルが作り出されており、ドラマティックなイントロからキラキラしながらスケール感大きく進んでいく起伏の大きいアップテンポの2、ストリングスの響きが呼び起こすイントロから色鮮やかなフレーズが乱舞しシアトリカルなコーラスワークで盛り上げるミッドテンポの3、牧歌的なメロディを孕んだシンフォニックなイントロからの4は重厚なコーラスに導かれる飛翔感の強い劇的スピードナンバー、壮大なイントロから緊張感を高めつつドラマティックに突き進む疾走ナンバーの5、スリリングに突っ走る荘厳なスピードナンバーの6、不穏なムードが高まるイントロからの7は情感高めて突き進んでいくアップテンポのナンバー、ファンタジックなムードが高まる8は躍動的な明るいフレーズを重ねるアップテンポのナンバー、緊迫感高まるイントロから一気に突っ走る劇的疾走ナンバーの9、壮大なイントロからの10は光り輝くエピックメタルナンバー、ナレーションによるエピローグとなる11、荘厳で壮大なコーラスに導かれる12で幕を閉じます。

 音ちっせえな!(´Д`;)と言う印象が先に立ったりしますが、派手な演出を全力で繰り出すシンフォニックメタルを追求したアルバムは、まさしく劇場的な鮮やかな場面を想起させるものとなっており、色々振り切った感を与えるものになっています。徹頭徹尾ファンタジックな世界観を音で構築していく様は、確かな実力を窺わせており、バンドの地力を感じさせます。このスタイルはアルバムを重ねるごとに大変になっていくわけですが、新たなシンフォニックメタルの継承者として期待がかかる一枚でした。
同系統アルバム
SEVENTHIAN ...MEMORIES OF TIME/DREAMTALE
INTO THE LEGEND/RHAPSODY OF FIRE
SPACE 1992: RISE OF THE CHAOS WIZARDS/GLORYHAMMER

THEATER OF DIMENSIONS/XANDRIA

シアター・オブ・ディメンションズ/キサンドリア

WARD RECORD GQCS-90258 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ドイツ産バンドの七枚目のアルバムです。

 期待感高まるシンフォニックで壮大なイントロダクションに導かれるアルバムは、厚いクワイアとオペラティックな女性ヴォーカルが一体となって進む優雅でシリアスな劇的ナンバーの1から、華麗でシアトリカルなサウンドが広がるアルバムは、躍動感高まるヴォーカルがエピックメタル的な勇壮さを湛えて進むダイナミックなアップテンポの2、センチメンタルな静かなパートで始まる3は優しいメロディで情感を高めていくバラード風ナンバー、スリリングなコーラスワークからの4は様式美感高まる起伏の大きい劇的スピードメタルナンバー、緊張感高まるイントロからタイトなビートが響くスケール感の大きいアグレッシヴなアップテンポの5、メランコリックなイントロから情緒高まるヴォーカルがしっとりと唄い上げる壮大なバラードナンバーの6、ダークなムードが充満する7は荘厳さと優雅さが交錯する緊迫感高まるミッドテンポのヘヴィナンバー、タイトなリフを刻んでいく8は壮大なコーラスとオペラティックなヴォーカルが優雅な世界観を生み出していくミッドテンポのナンバー、マーチ風のイントロからエピックなムードを高めていくインストナンバーの9、叙情メロディが華麗に広がるアップテンポの10、キャッチーなメロディで進むオペラティックながら軽快なムードを作り出すミッドテンポの11、アコースティックなイントロからの12は厚いコーラスで進むドラマティックなミッドテンポのナンバー、リリカルなイントロから緊張感を高めていく壮大で豪華な劇的大作ナンバーの13で幕を閉じます。

 オペラを彷彿とさせるシンフォニックなサウンドが充満するアルバムは、さすがに七枚目の言うことで完全に完成されたスタイルを提示しており、安定感を説得力のある楽曲がアルバムの華麗な世界観に十二分に耽溺させてくれます。ロックオペラ色が印象に強く残るので、メタル的な感触は若干弱めですが、壮大なサウンドを支える確かな存在感を残しています。他のシンフォニックメタル勢との差別化がかなり難しい中、堅実なクオリティの高いサウンドを作り出している一枚でした。
同系統アルバム
ENDLESS FORMS MOST BEAUTIFUL/NIGHTWISH
THE EARTH EMBRACES US ALL/TEMPERANCE
THE JAGUAR PRIEST/UNIVERSAL MIND PROJECT





Februaly

BATTLE BEAST | BLOODBOUND | CELLADOR | OVERKILL |

BRINGER OF PAIN/BATTLE BEAST

ブリンガー・オブ・ペイン/バトル・ビースト

WARD RECORD GQCS-90303 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 フィンランド出身のバンドの四枚目のアルバムです。中心人物のギタリストが脱退して、キーボーディストの弟が新たに加入しています。

 フックの強いリフが躍動するアップテンポのキャッチーな1から、パワフルな女性ヴォーカルが唄い上げるオーセンティックなヘヴィメタルが展開されるアルバムは、エッジの効いたリフで突き進むテンションの高い馬力のあるスピードナンバーの2、タイトなビートとフラッシーなリフに導かれるダイナミックなミッドテンポの3、湿り気帯びたメロディで勢い良く進むキャッチーなアップテンポのスピードナンバーの4、繊細なヴォーカルも披露するシアトリカルでポップ感あふれるミッドテンポの5、男性ヴォーカルも加えてシンフォニックに展開するダークなヘヴィナンバーの6、ギャロップしながらキャッチーなコーラスへと雪崩れ込む勢いのあるアップテンポの7、哀愁メロディで進むエモーショナルなミッドテンポの8、昔のMTVで流れていそうな湿ったポップナンバーの9、繊細なバラードナンバーの10、ボーナストラックには、勇壮さが高まるミッドテンポのダイナミックな11、キラキラ感あふれるタイトで情念高まるミッドテンポの12、アッパーにドライヴしながらハードロッキンしていく13、14は10のアコースティックバージョンが収録されています。

 いかつい見た目とは異なって様々な表情を見せる女性ヴォーカルの表現力を最大限に活かす方向に舵を切ったアルバムは、80年代サウンドが充満するヘヴィメタル全盛期の空気を呼び起こす楽曲を揃えており、キャッチーさやポップ感が増強されています。一般向けに聴きやすいサウンドになった影響で、メタル的な硬質感が減っていますが、バラエティに富んだ楽曲でその辺りを補っています。ある意味、ジャケット通りのサウンドが展開されていくパワフルで派手な一枚でした。
同系統アルバム
THE BLAZE/BURNING POINT
STAND IN THE FIRE/STRIKER
PROJECT X/DARK MOOR

WAR OF DRAGONS/BLOODBOUND

ウォー・オヴ・ドラゴンズ/ブラッドバウンド

MARQUEE MICP-11337 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 スウェーデン出身のバンドの七枚目のアルバムです。

 ナレーションを絡めたイントロダクションに導かれるアルバムは、シンフォニックな演出が加えられたアップテンポの派手な劇的ナンバーの2から、パワフルなヴォーカルとファンタジックなサウンドが展開される勇壮な楽曲を揃えていき、キャッチーな厚いコーラスワークで畳み掛けるフックの効いたアップテンポの3、ナイトウィッシュで聴けそうな展開のタイトでキャッチーなミッドテンポの4、ケルティックなムードが高まるメランコリックなアップテンポの5、勢いのあるコーラスと勇壮なメロディで進むアップテンポのエピックメタルナンバーの6、叙情メロディとパワフルなヴォーカル&コーラスが交錯するタイトなアップテンポの7、重厚なコーラスに導かれる8はミッドテンポのエピックなナンバー、キレのあるリフで突っ走るスリリングな劇的スピードナンバーの9、シンフォニックに展開していく壮大でシアトリカルなアップテンポの劇的ナンバーの10、ミステリアスなムードでタイトなリフを刻みつつ優しいコーラスに進むミッドテンポの11、開放感と飛翔感が高まるアルバムのエンディングを飾るアップテンポの劇的ナンバーの12、ボーナストラックには過去曲のデモバージョンが収録されています。

 すっかりシンフォニックなエピックメタルのスタイルが身についたアルバムは、パワフルなヴォーカルと豪華なサウンドが相まって、テンションの上がる楽曲を揃えています。初期を思い返すと、どうしてこうなった!?みたいな感慨が浮かびますが、まあ正統派路線は行き詰っていたので、これはこれでバンドの意気込みを感じさせる大きな転回点になるであろう一枚に仕上がっています。でも、このスタイルも行き詰るのは早いから次を模索しないとね!'`,、(´∀`) '`,、そんなこんなで、クオリティも高い楽曲が揃ったパワフルな一枚でした。
同系統アルバム
INTO THE LEGEND/RHAPSODY OF FIRE
THE LAST STAND/SABATON
DIABOLICA/IRON MASK

OFF THE GRID/CELLADOR

オフ・ザ・グリッド/セラドール

KING RECORD KICP-1835 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 11年ぶり!?の米国産バンドの二枚目のアルバムです。メンバーは中心人物以外一新されています。

 湿ったメロディで突っ走るパワフルでスピード感高まるスピードナンバーの1で、いきなりテンションを高めていくアルバムは、ヴォーカルも担当することになったギタリストによるハイトーンヴォーカルが割とやれている感を出しつつ、焦燥感の強いメロディで突き進むタイトなビートが印象的なスピードナンバーの2、タイトでアグレッシヴなリフで突撃するスピードナンバーの3、叙情メロディで突っ走るアップテンポのキャッチーなスピードナンバーの4、湿り気帯びたメロディで進むアップテンポの5、ブラストビートも絡めて突き進む哀愁スピードナンバーの6、叙情メロディでスリリングに突っ走るスピードナンバーの7、シンディ・ローパーのカバーの8、緊迫感を高めて突き進むエッジの効いたファストチューンの9、テンション上げて突っ走る明朗なスピードナンバーの10、ボーナストラックはダークなムードのアップテンポのナンバーが収録されています。

 11年も経ってしまっているので、ほとんど別のバンドだろ!みたいな感はありますが、ヴォーカル兼ギタリストのパフォーマンスは思ったよりも悪くなく、ファーストアルバムの衝撃は無いもののスピードに拘ったサウンドを追求しています。当時の若さに任せた怒涛の疾走感は既にありませんが、それでも高品質のスピードメタルを作り出しているアルバムは、滑らかなプレイと自然な展開で盛り上げる流石に時間を感じさせるものになっています。1がヘヴンズ・ゲイトみたいになってたので、その辺のサウンドを期待すればあまりガッカリしない一枚でした。
同系統アルバム
MAXIMUM OVERLOAD/DRAGONFORCE
STAND IN THE FIRE/STRIKER
MASTERY/LANCER

THE GRINDING WHEEL/OVERKILL

ザ・グラインディング・ウィール/オーヴァーキル

WORD RECORDS GQCS-90285 [☆☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 米国産ベテラン・スラッシャーの18枚目のアルバムです。

 タイトなドラムとおなじみのベース音が響くイントロからクランチーなリフが切れ込む緊張感が高まるパートとグルーヴィなパートが交錯するミッドテンポの1から、パンキッシュなムードも加えて躍動していく小気味良いアップテンポの2、スピードメタル的な疾走感も残るスラッシーなファストチューンの3、躍動感とグルーヴ感が交錯するダークでタイトなミッドテンポの4、哀愁帯びた勇壮なイントロダクションに導かれる5は攻撃的なリフワークで突進するダイナミックなアップテンポのナンバー、オーセンティックなメタルを想起させるドライヴ感高まるアップテンポの6、どこのブラック・サバスだって言うグルーヴィでロッキンなナンバーの7、グルーヴィなパートも絡めた、アグレッシヴに突っ走る突撃スラッシュナンバーの8と怒涛の突進力を見せるスラッシーな9、エピック感高まる不穏なイントロからダークなパートを経て瞬発力の強いファストパートから荘厳なムードへと移る大作ナンバーの10、ボーナストラックには、シン・リジィとアイアン・メイデンのカバーが収録されています。

 グルーヴ感を強めに出して全体的にはルーツにある70年代風のサウンドがそこかしこに聴かれるバラエティに富んだ楽曲が揃えられたアルバムは、ギタープレイもオールドスタイルなムードを醸し出しており、スラッシュメタルと古典メタルが混ざり合って今までと多少異なった感触を与えていきます。スラッシュメタルとしては異質な要素が増えていますが、オーヴァーキルらしさは充分に発揮された楽曲を揃えて、ここにきてのバンドの充実度を示しています。時々実験的とも言える意欲作を発表するバンドの、新たなステージに向かう意気込みを見せる一枚でした。
同系統アルバム
THE EVIL DIVIDE/DEATH ANGEL
PANGEA/PARADOX
BROTHERHOOD OF THE SNAKE/TESTAMENT





March

THE CHARM THE FURY | GYZE | STRIKER | WARBRINGER |

THE SICK,DUMB & HAPPY/THE CHARM THE FURY

ザ・シック・ダム&ハッピー/ザ・チャーム・ザ・フューリー

WARD RECORDS GQCS-90312 [☆☆☆] >>>>>BUY...?

 オランダ出身の女性ヴォーカルを擁するバンドの二枚目のアルバムです。

 攻撃的でスピーディーなイントロから始まるアルバムは、グロウルとタイトなヘヴィリフで押し込んでいく緩急をミッドテンポの1から、ダークなリフでジリジリ迫るグルーヴィなヘヴィナンバーの2ではクリーンなコーラスでアクセントをつけていきます。アグレッシヴに突き進むタフで勢いのあるミッドテンポの3、静謐としたイントロからタイトなリフを刻む緊迫感高まるミッドテンポの4、クリーンヴォーカルも交えてグルーヴィでダークなリフが気だるげに刻まれるスローナンバーの5、ノイジーなSEの6から不安感を煽るリフを連ねてドライヴしていくソリッドなミッドテンポの7、メランコリックなイントロからエモーショナルに迫るバラードナンバーの8、不穏なイントロからタイトなリフを刻むタイトなミッドテンポの9、勢いをつけて突進していくアグレッシヴなアップテンポの10、攻撃的なリフが突き刺さるパワーメタリックなミッドテンポの11が収録されています。

 モダンなヘヴィロックのスタイルで作られるアルバムは、遅れてきただけに流石に上手く仕上がっていますが、独自性は希薄で特徴を挙げるのが難しい感じ。ヘヴィなパートでは、それがより顕著になるため耳が滑りやすいのが難。クリーンパートの方が可能性を感じられますが、いかんせん比率は低いのが残念。このスタイルのアルバムとしては、まあ良くできているなあ、って印象だけが残った一枚でした。
同系統アルバム
THE LAND OF THE DEAD/EVIL DRIVE
TAKE IT LIKE A MAN/BUTCHER BABIES
EYE OF PROVIDENCE/THE AGONIST

NORTHERN HELL SONG/GYZE

ノーザン・ヘル・ソング/ギゼ

UNIVERSAL MUSIC UICN-1089 [☆☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ラウドパーク15での演奏も記憶に残る、北海道出身のメロディックデスメタルバンドの三枚目のアルバムです。

 叙情メロディが炸裂するドラマティックなイントロで幕を開けるアルバムは、華麗なネオクラシカルプレイを聴かせるギターとスクリームが一体となって突き進む勢いのある疾走ナンバーの1から起伏の大きい高密度のサウンドを展開していくと、哀愁メロディがあふれ出すダイナミックなアップテンポの様式美ナンバーの2、リリカルなイントロからの3はポップ感のある叙情メロディで進むミッドテンポのナンバー、期待感高まるイントロからアグレッシヴに突っ走る疾走感高まるダイナミックなスピードナンバーの4、センチメンタルなイントロからの哀愁インストナンバーの6、クラシカルなムードも高まる躍動感の強いドラマティックでフォーキーなアップテンポの7、叙情メロディがグロウルと一体になってエモーショナルに迫る勇壮なミッドテンポの8、ダイナミックなイントロから疾走していく9はドラマティックな展開を見せる起伏の大きいナンバー、扇情性の強いメロディで突き進むフォーキーなスピードナンバーの10、緊張感高まるイントロから叙情メロディがはじけるスリリングで勇壮なアップテンポの劇的ナンバーの11、叙情性高まるインストナンバーの12、ボーナストラックには、ベートーヴェンの月光ソナタの超絶カバーを収録していますが、ヴォーカルの入ったこの曲は衝撃的'`,、(´∀`) '`,、

 メロディックデスメタルをベースにネオクラシカルなギタープレイと的なヴァイキングメタル的な勇壮さを盛り込んで北海道の土着的な空気感をも醸し出す、オリジナリティを上げてきたアルバムは日本独自のペイガンメタルと言える仕上がりになっています。テクニカルで華麗なプレイは更に凄みを増して楽曲のクオリティを高めており、影響を受けているチルドレン・オブ・ボドムを越えた要素も見られる多彩な音楽要素を詰め込んで鮮やかなものを生み出しており、世界レベルで活動するバンドの凄みを感じさせます。世界を回り更にスケール感を増した強力な一枚でした。
同系統アルバム
IMMORTALS/FIREWIND
SAVAGE REQUIEM/MAGIC KINGDOM
KINGS AMONG MEN/CRIMSON SHADOWS

STRIKER/STRIKER

ストライカー/ストライカー

MARQUEE MICP-11344 [☆☆☆] >>>>>BUY...?

 カナダ産メタルバンドの五枚目のアルバムです。オリジナルメンバーのギタリストが脱退して4人編成になっています。

 ドライヴ感の強いギターリフで進んでいくアクティヴなアップテンポの1から、オーセンティックなメタルサウンドを作り出していくアルバムは、攻撃的なイントロからアグレッシヴに突き進むクランチーな2、フックのあるメロディで突き進む湿り気帯びたアップテンポの3、インストナンバーの4を経て、ソリッドなスピードナンバーの5へ。ドライヴするリフと乾いたメロディで進むロッキンなアップテンポの6、クランチーなリフで突進する攻撃的なアップテンポの7、ヘヴィリフが哀愁メロディと一体になって進むミッドテンポの8、アメリカンパワーメタル的なファストチューンの9、ボーナストラックには、オジー・オズボーンのカバーの10、ジューダス・プリーストのカバーの11が収録されています。

 セルフタイトルと言う意気込みを感じさせる仕上がりになったアルバムは、80年代的なサウンドをベースにしつつも、多彩な要素を盛り込んで世界レベルのスケール感を持った楽曲を揃えています。全体的には意気込みは強く伝わりますし、プロダクションも上がってサウンドの品質は高まっていますが、楽曲自体は製作期間が足りないのか練りこみ不足なのが否めないところ。順調な成長を見せるバンドですが、急ぎすぎたかなって印象の一枚でした。
同系統アルバム
WIN HANDS DOWN/ARMORED SAINT
BRINGER OF PAIN/BATTLE BEAST
IN THE RED/CRUCIFIED BARBARA

WOE TO THE VANQUISHED/WARBRINGER

ウォ・トゥ・ザ・ヴァンクウィッシュド/ウォーブリンガー

WARD RECORDS GQCS-90306 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 米国産スラッシャーの五枚目のアルバムです。

 クランチーでタイトなリフを繰り出していく緩急を効かせたスリリングなファストチューンの1から吐き捨てヴォーカルが吼える攻撃的なサウンドを展開していくアルバムは、デスメタル的なブルータリティを見せ付ける威圧感の強まる突撃スラッシュナンバーの2、ソリッドなリフで緊迫感を高めていく不穏なミッドテンポの3、激しいリフが唸りを上げる凶暴な突進ナンバーの4、不穏なイントロからのブルータルな怒涛の疾走ナンバーの5、サイコホラー的な空気感を演出するダークでミステリアスなミッドテンポの6、北欧メロデス的な叙情性と暴虐さを合わせ持つドラマティックな突進ナンバーの7、哀愁帯びた物悲しい雰囲気が蔓延する情念に満ちるミッドテンポの大作ナンバーの8、ボーナストラックには、デスとコロナーのカバーが収録されています。

 ますます手の込んだスラッシュメタルを作り出していくアルバムは、曲数は少ないながらも練りこまれた展開の楽曲を揃えて充実度の高いものに仕上げています。スピードナンバー一辺倒ではない多様性を見せつつ、往年のスラッシュメタルバンドのように、時間的には短いものの高密度で一気に駆け抜ける様に爽快感を憶えます。思った以上に頭を使った展開の妙を見せる力の入った一枚でした。
同系統アルバム
UNDER ATTACK/DESTRUCTION
THE EVIL DIVIDE/DEATH ANGEL
DECISION DAY/SODOM





April

ARTHEMIS | CHRONOSPHERE | CRY VENOM | GAIDEN | LABYRINTH |

BLOOD - FURY - DOMINATION/ARTHEMIS

革命の狼煙/アルテミス

UFR RECORDS QIHC-20001 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 イタリア産バンドの八枚目のアルバムです。

 ソリッドでタイトなリフを高密度で刻みつつ進むミッドテンポのパワフルな1から、ハスキーな馬力のあるヴォーカルが歌い上げていくパワーメタリックなサウンドを作り出していくアルバムは、叙情性帯びたリフがパワフルに刻まれるタイトでエモーショナルなミッドテンポの2、威圧感タップリのリフワークを繰り出していくシャープでアグレッシヴなアップテンポの3、湿り気帯びたメロディで進む緩急の強い情感豊かなアップテンポの4、メランコリックなバラードナンバーの5、哀愁帯びたイントロから攻撃的に突き進むダイナミックなファストチューンの6、躍動感のあるメロディで進むタイトなミッドテンポの7、壮大なコーラスに導かれる8はクランチーなリフとパワフルなヴォーカルが交錯するドラマティックなスピードナンバー、トライバルなパーカッションをアクセントにタイトなリフを刻んでいくスリリングでダイナミックなアップテンポの9、ロック色の強いハードなリフで突き進むミッドテンポのヘヴィナンバーの10、タイトなリフとシャープなメロディが緊張感を高めていく緩急の強いアップテンポのスピードナンバーの11、ボーナストラックには、哀愁メロディで突っ走るソリッドなスピードナンバーの12、前作からの曲のアコースティックバージョンの13が収録されています。

 いまだにバンド名とサウンドとのギャップが納得いかないバンドですが、硬質感高まるヘヴィメタルサウンドと作り出していくアルバムは、往年のギターヒーロー的なプレイを聴かせるギタリストの活躍もあって、モダンな要素も加えたオーセンティックなスタイルながらも鮮やかな印象を与えていきます。ダークさが伴うソリッドなサウンドは、キャッチーさは満載ですが、シリアスなムードが強く緊張感あふれるものになっています。様々な手法を取り込んで高品質のヘヴィメタルに仕上げていく堅実な一枚でした。
同系統アルバム
IMMORTALS/FIREWIND
THE STAGE/AVENGED SEVENFOLD
HIBRIA/HIBRIA

RED N' ROLL/CHRONOSPHERE

レッドン・ロール/クロノスフィア

SPIRITUAL BEAST IUCP-16262 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ギリシャ産スラッシュメタルバンドの三枚目のアルバムです。

 オカルトホラー映画風のイントロダクションで幕を開けるアルバムは、不穏なクランチーリフを刻みつつダーティヴォイスがスクリームする怒涛の疾走ナンバーの2で一気に駆け抜けると、唸りを上げるギターリフで突っ走るハイテンションのロッキンなスピードナンバーの3、タイトなギター&ベースが切れ込む緩急の強いクランチーな突進ナンバーの4、ドライヴ感高まるアップテンポのロッキンなスピードナンバーの5、ダークなリフを刻みつつ緩急大きく突き進むアップテンポの6、荒々しく激しく突き進む突進ナンバーの7、さらに空気感を受け継ぎつつ突っ走るロール感のあるスピードナンバーの8へ。ザクザクしたリフが威圧的に迫るアナイアレイター風のミッドテンポのパートから一転して加速する9、スリリングなイントロからタイトなリフが唸りを上げる緩急を効かせたスピードナンバーの10、ボーナストラックにはソロパートを大きくアレンジしたメタリカのカバーと、4のベース&ドラムバージョンが収録されています。

 エナジー漲るスラッシュメタルを追求するアルバムは、自身のルーツであるスタイルも覗かせつつ勢いのあるサウンドを展開していきます。鮮やかでフラッシーなギターソロも随所で披露しつつ、複雑になり過ぎない爽快感のある楽曲に仕上げており、バンドの着実な成長を感じさせます。新世代スラッシュメタルバンドの中でも独自の位置をキープできそうな手ごたえを感じさせる一枚でした。
同系統アルバム
DECISION DAY/SODOM
THE EVIL DIVIDE/DEATH ANGEL
UNDER ATTACK/DESTRUCTION

VANQUISH THE DEMON/CRY VENOM

ヴァンクウィシュ・ザ・ディーモン/クライ・ヴェノム

KING RECORDS KICP-1837 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 アメリカ・ロシア混成の米国に拠点を置くバンドのデビューアルバムです。バンドの結成は2016年。

 ユーロビート風のムードを持ったイントロダクションで幕を開けるアルバムは、ハイトーンヴォーカルと湿ったメロディに加えてネオクラシカルなギターソロまで盛り込んだハイテンションに突っ走る怒涛の劇的スピードナンバーの2でエンジン全開で進んでいくと、そのままのテンションでキャッチーなメロディとエレクトロなキーボードを引っさげたエッジの効いたダイナミックな展開のスピードナンバーの3へ。ドラマティックなイントロからソリッドなリフを刻む4はキャッチーなメロディでエモーショナルに迫るブレイクダウンも見せるアップテンポのナンバー、叙情メロディで迫る5はエモーショナルな感覚が強まるミッドテンポのナンバー、鮮やかなコーラスに導かれる6はフックの強いリフと哀感帯びたメロディで突き進むドラマティックなアップテンポのナンバー、高速イントロからヘヴィリフのメタルコア的なパートとスピードメタルの疾走パートとのコントラストの強いダイナミックなナンバーの7、スペーシーなキーボードが印象に残る展開の激しい鮮やかなスピードナンバーの8、激しく躍動する疾走ナンバーの9、優しいムードのリリカルで広がりのあるメロディックナンバーの10、クラシックのフレーズも飛び出す希望に満ちたメロディが広がるアップテンポのキャッチーな11、キラキラキーボードに導かれる叙情スピードナンバーの12、ボーナストラックの13はグロウルやキーボードを盛り込んだ派手なアイアン・メイデンのカバーが収録されています。

 ハイトーンヴォーカルを擁するメロディックスピードメタルと言うフォーマットに、メタルコアやエレクトロ、クラシックなどでデコレーションした派手なサウンドを展開するアルバムは、ジャケットのアレさからは想像できないハイブリットなものになっています。多彩な要素を盛り込んでいますが、スピードメタルのアイデンティティを保っているため、マンネリズムを解消した爽快さを強く感じさせていきます。異なる要素が多少ぶつかり合っている感はありますが、新人らしい爆発力のある強力な一枚です。
同系統アルバム
ATOMIC NUMBER 22/TITANIUM
THE FIRE WITHIN/ETERNITY'S END
THE PASSAGE/DGM

ONCE UPON A JOKE/GAIDEN [IMPORT]

ワンス・アポン・ア・ジョーク/ガイデン

BANDCAMP DIGITAL [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 2007年に結成されたフランス出身のバンドのファーストアルバムです。バンド名は日本語の“外伝”から取っていますが、理由はバンドに聞いてください。

 鐘の音に導かれる小芝居を絡めたシアトリカルなイントロダクションで幕を開けるアルバムは、攻撃的なリフを刻みつつ場面転換の細かいアップテンポのソリッドな2から、多彩な表情を見せるヴォーカルがテクニカルなプレイと共に進むアルバムは、ダークなヘヴィリフを繰り出していく3は情動的なメロディを歌い上げていくダイナミックで緊張感高まるミッドテンポのナンバー、手の込んだリフのイントロから叙情的なパートと躍動的なパートとのコントラストが印象に残るテクニカルで鮮やかなミッドテンポの4、キャメロットを彷彿とさせる哀感高まるアコースティックから壮大に展開するパワーバラードの5、トリッキーなリフで進む6は力感あふれるヴォーカルと細かい展開で盛り上げていくタイトでスリリングなナンバー、ミステリアスなイントロからテクニカルなリフと湿ったメロディが交錯するミッド〜アップテンポの7、タイトなギターリフが熱量の強いヴォーカルを導くダークなミッドテンポの8、ミステリアスなリフが不穏な空気を生み出すグロウルも導入した威嚇的でタイトなミッドテンポの9、繊細なメロディを紡ぐ導入部からアグレッシヴに展開していく10は強い感情を高めていく劇的展開の大作ナンバー、ボーナストラックの11はパワフルなメロディで突き進む正統派なアップテンポのナンバーが収録されています。

 バンド名から連想される日本的な要素は皆無であるサウンドは、テクニカルなプレイと情感豊かなメロディを組み合わせたもので、パワフルな歌唱も伴って、パワーメタル的な感触を強く与えていきます。ツインギターによるインストゥルメンタルパートは、かなり手の込んだことをやっていて、興味深いものになっていますが、音の分離があまり良くないせいで、時々分かりにくいのが残念。プログレッシヴメタルとしては珍しくキーボードがいないバンド構成は、よりメタリックな側面を強調するものとなっており、曲展開の妙に集中する効果を生み出します。かなり高い完成度と今後の可能性を感じさせるサウンドが共存する、伸び代がまだまだありそうな地力を感じさせる一枚です。
同系統アルバム
THE PASSAGE/DGM
VOLTE-FACE/MANIGANCE
BLOOD - FURY - DOMINATION/ARTHEMIS

ARCHITECTURE OF A GOD/LABYRINTH

アーキテクチャー・オブ・ア・ゴッド/ラビリンス

KING RECORDS KICP-1845 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 イタリア産メロディックメタルバンドの8枚目のアルバムです。キーボードとドラムが交替して製作されています。

 期待感を高めるミステリアスなイントロで幕を開けるアルバムは、ハイトーンヴォーカルが歌い上げていくスリリングなリフで突き進むドラマティックな哀愁スピードナンバーの1から、叙情性高まるエモーショナルなミッドテンポのメランコリックナンバーの2、緊迫感高まるエッジの効いたイントロから疾走する劇的スピードナンバーの3、哀感たっぷりのメロディで進むバラード風ナンバーの4、叙情メロディで進むキャッチーで躍動的なアップテンポの5、メランコリックなインタールードの6を経て、多彩な展開を見せる情感豊かな大作ナンバーの7、訃報が伝えられたロバート・マイルズのカバーのニューウェーブ的なインストナンバーの8、センチメンタルなバラードナンバーの9、叙情性の強いメロディで進むミッドテンポの10、激しいリフワークで突き進む劇的疾走ナンバーの11、センチメンタルなバラードナンバーの12、ボーナストラックには9のアコースティックバージョンが収録されています。

 ラビリンスらしい叙情メロディが満載のアルバムは、一時期の迷走感は解消されたものの、期待値よりは少し低い辺りを漂っている感が強く、もう一声って言いたくなるモヤっとした印象。スピードナンバーではそれなりに爽快感を与えていきますが、全体的には山場が全盛期よりは低くなっています。それでもクオリティは安定しているので、聴かせるものになっているあたりはベテランの技。もうちょっとポテンシャル的には出来そうなんだけどなあ、って要望を言いたくなるのを含めてラビリンスっぽさが全開の一枚でした。
同系統アルバム
THE JAGUAR PRIEST/UNIVERSAL MIND PROJECT
FRAGMENTS OF CREATION/SUNBURST
THE PASSAGE/DGM





May

DRAGONFORCE | DREAM EVIL | EMBER FALLS | THE FERRYMEN | TERRIFIER |

REACHING INTO INFINITY/DRAGONFORCE

リーチング・イントゥ・インフィニティ/ドラゴンフォース

WARNER MUSIC WPZR-30755/6 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 英国産スピードメタルバンドの七枚目のアルバムです。

 期待感高まるイントロから、パワフルヴォーカルが炸裂する激しさと情感が高まるスピードナンバーの2で一気にテンションを挙げるアルバムは、スペーシーなイントロから躁状態で突っ走る彼ららしいフルスピードナンバーの3、アグレッシヴな怒涛の突進力を見せるスリリングなスピードナンバーの4ではブルージーなソロパートも聴かせるなどアクセントを付けていきます。叙情メロディで進みダイナミックなヴォーカルがエモーショナルな歌唱を見せるアップテンポの5、ドラマティックなパワーバラードの6、ハイテンションにアッパーに突っ走る緩急の強いファストチューンの7、ミステリアスなイントロからの8はアナイアレイターみたいなシュレッディングなパートと開放的なコーラスのコントラストが鮮やかなスピードナンバー、忙しいリフワークで突っ走るアグレッシヴなスピードナンバーの9、メランコリックなイントロからの10はグロウルも飛び出すダークでドラマティックなメイデン風味の大作ナンバー、叙情メロディ高まるスピードナンバーの11、ボーナストラックには、ガンマ・レイみたいなスピードナンバーの12、ちょっと前に聴いたよ!(´∀` )なデスのカバーと、驚きのZIGGYのカバーが収録されています。
 DVDにはウッドストックでの公演の模様が収録されていますが、マットに乗ってクラウドサーフか…(´Д`;)でも、マルチアングルってコレじゃない。

 前作から更に深化を進めたアルバムは、最大公約数的なドラゴンフォースらしさは薄まっているものの、洗練されつつある曲の構成力は高まっており、表現力をあげてきたヴォーカルと共に整合性の取れた仕上がりを見せていきます。グロウルやスピードに頼らない大作など新機軸にも取り組んだ挑戦的な姿勢を前面に押し出して、大きな一歩につなげようとする意図を伺わせてバンドの進歩を感じさせます。バンドに求められているであろう個性を殺してでも普遍性を強化した客層を拡大していく一枚でした。
同系統アルバム
VANQUISH THE DEMON/CRY VENOM
KINGS AMONG MEN/CRIMSON SHADOWS
OFF THE GRID/CELLADOR

SIX/DREAM EVIL

シックス/ドリーム・イーヴル

KING RECORDS KICP-1849 [☆☆☆] >>>>>BUY...?

 フレドリック・ノルドストローム率いるスウェーデン出身のバンドの6枚目のアルバムです。ギタリストに4枚目に参加したマーク・ブラックが出戻っています。

 ソリッドでヘヴィなギターリフで進むミッドテンポの1からハイトーンヴォーカルがパワフルに唄い上げるオーセンティックなヘヴィメタルを作り出していくアルバムは、ドライヴ感強くソリッドに迫るアップテンポの2、湿ったメロディがエモーショナルに紡がれるキャッチーでメランコリックなミッドテンポの3、エモーショナルなパワーバラード風ナンバーの4、大陸的なハードロックするタイトなミッドテンポの5、ダークなメロディとグルーヴィなリフで進むヘヴィナンバーの6、華麗なイントロからタイトなリフを刻んでいくアップテンポの7、フックのある叙情メロディを重ねるミッドテンポの8、勢いのあるコーラスで盛り上げるタイトなミッドテンポの9、ヘヴィリフとキャッチーなコーラスで進むソリッドなミッドテンポの10、開放感のあるヴォーカルとソリッドなリフで構成するミッドテンポの11、壮大なコーラスで盛り上げる重厚なミッドテンポの12、ボーナストラックには、ミステリアスなイントロからヘヴィに迫るタイトな13、ドライヴ感の強いアップテンポのスピードナンバーの14、叙情メロディで進むエモーショナルなミッドテンポの15、ソリッドなリフを刻むエッジの効いたミッドテンポの16が収録されています。

 フレドリック・ノルドストロームの音作りはいつも通りのクオリティですが、楽曲の方は正統派ヘヴィメタルのスタイルを堅持しつつも、パフォーマンスに比べると完成度が追いついていない印象、って言うかこんなに面白くない曲ばっかりだっけ、このバンド…(´Д`;)ミッドテンポの起伏の大きくない曲をタップリ揃えてくれて聴き手に忍耐を強いられる、音がよくなかったら我慢ならないって感じです。実際ボーナストラックだけで充分だったんじゃないかな。メタル然としたサウンドは心地よいものの、久しぶりのアルバムでキャッチーな曲の作り方忘れたんじゃないかって感じの一枚でした。
同系統アルバム
RULEBREAKER/PRIMAL FEAR
IMMORTALS/FIREWIND
SCARY CREATURES/BRAINSTORM

WELCOME TO EMBER FALLS/EMBER FALLS

ウェルカム・トゥ・エンバー・フォールズ/エンバー・フォールズ

MARQUEE MICP-11355 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 フィンランド出身のバンドのファーストアルバムです。バンドの結成は2010年。

 ダーティヴォイスのヴォーカルが躍動感の強いギターリフに乗って叙情的なメロディックなサウンドを作り出していくダイナミックなミッドテンポの1から、メインストリーム的なポップなムードとメタリックなスタイルを融合させていくアルバムは、ドラマティックなイントロからグロウルとクリーンヴォーカルを絡めたフックのあるメロディで進んでいく起伏の大きいアップテンポの2、エレクトロな演出と叙情メロディが交錯する哀愁ポップナンバーの3、ダンサブルなビートとキャッチーなメロディが叙情性を高めるアップテンポの4、メランコリックなムードを高めていくバラードナンバーの5、タイトなリフを刻む6はニューメタル風の展開を見せる緊迫感高まるミッドテンポのナンバー、ニューウェーブ的な叙情性を持ったエモーショナルなミッドテンポの7、ダンサブルなビートとラップ風ヴォーカルを加えたキャッチーな8、タイトなリズムで加速するキャッチーなアップテンポの9、シンフォニックメタル的なアレンジで進む叙情メロディックナンバーの10、エレクトロなキーボードサウンドとソリッドなギターリフが交錯するメロデス風味のアグレッションを重ねたドライヴ感の強いソイルワークみたいな11、ボーナストラックには女性ヴォーカルも加わったニューウェーブ風のセンチメンタルでアグレッシヴなミッドテンポの12が収録されています。

 ニューメタルとメジャーポップを合わせたようなサウンドが展開されていくアルバムは、メタルと言う印象よりもメインストリームな感触の方が強まってしますが、テクニカルなギターソロではメタルスピリットを見せ付けたりもして、多彩でカラフルな楽曲を揃えています。ポップ感とキャッチーさが強い楽曲は作風の持ち札が多いので飽きさせずに聴かせる魅力を備えており、新人らしからぬ実力を見せていきます。サウンド的に面白い試みを盛り込んだ新たな息吹を感じさせる一枚でした。
同系統アルバム
MASSIVE ADDICTIVE/AMARANTHE
QUIET WORLD/NATIVE CONSTRUCT
THE EARTH EMBRACES US ALL/TEMPERANCE

THE FERRYMEN/THE FERRYMEN

ザ・フェリーメン/ザ・フェリーメン

WARD RECORDS GQCS-90343 [☆☆☆] >>>>>BUY...?

 スウェーデン出身でプライマル・フィアのマグナス・カールソン、アメリカ出身の元レイジのマイク・テラーナ、そして、ローズ・オブ・ブラックのロニー・ロメロによるプロジェクトのファーストアルバムです。

 ドラマティックなイントロからパワフルなヴォーカルが重厚なメロディを歌い上げていく様式美にあふれるミッドテンポの1から、様式美メタルを作り出していくアルバムは、シンフォニックなアレンジを加えつつエキゾチックに迫るレインボー的なミッドテンポの2、オーセンティックなリフワークで開放的なメロディを導くミッドテンポの3、荘厳なイントロからの4は哀愁メロディが炸裂するダイナミックなミッドテンポの劇的ナンバー、湿ったメロディで情感豊かに迫る壮大なミッドテンポの5、ロマンティックなパワーバラードナンバーの6、不穏なイントロからの7はヘヴィリフを刻みつつスケール感の大きいメロディを紡ぐミッドテンポの劇的ナンバー、叙情メロディで進むダイナミックなミッドテンポの8、ドラマティックな展開のダイナミックなナンバーの9、哀愁メロディックスピードナンバーの10、メランコリックなバラードナンバーの11、ドライヴ感強まるスピードナンバーの12、ボーナストラックの13は6のアコースティックバージョンが収録されています。

 ラウドパーク16でその実力を発揮したロニー・ロメロを筆頭に、実力派アーティストが揃ったアルバムは、様式美サウンドを追求したなドラマティック楽曲を揃えており、確かなパフォーマンスに裏打ちされた説得力を生み出しています。安心感さえ憶えるスタイルは期待を裏切らないものに仕上がっていますが、この顔ぶれで期待されたほどの満足感には達していないかなと言う印象。最終的には予定調和に落ち着くアルバムですが、完成度は高い高品質の北欧メロディックメタルを聴かせてくれる一枚です。
同系統アルバム
AS DAYLIGHT BREAKS/SERIOUS BLACK
TSAR/ALMANAC
DIABOLICA/IRON MASK

WEAPONS OF THRASH DESTRUCTION/TERRIFIER

ウェポンズ・オヴ・スラッシュ・ディストラクション/テリファイアー

SPIRITUAL BEAST IUCP-16265 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 カナダ産スラッシャーの二枚目のアルバムです。バンドの結成は2012年ですが、前身バンドからのキャリアを加えると既に10年選手。

 クランチーなギターリフが唸りを上げる破壊力満点の突進ナンバーの1で幕を開けるアルバムは、ヒステリックな吐き捨てヴォーカルが叫ぶスラッシュメタルを追求していき、エッジの効いたギターリフで切れ込んでいく躍動感高まるアグレッシヴなファストチューンの2、湿ったメロディを絡めた手の込んだギターワークで押し込んでいく3は後半への加速感が印象的な密度の高いアップテンポのナンバー、高速ロールしていく強烈な速度感を見せ付けるイントロから起伏激しく進んでいくアグレッシヴな4、細かいリフワークで切り刻んでいくダイナミックなスピードナンバーの5、躍動感の強いリフワークで進んでいくスラッシュ&ロールな6、攻撃的なリフが荒れ狂う緩急の強い突撃ナンバーの7、ダークでメランコリックなインストナンバーの8を経て、狂乱のリフが炸裂する怒涛の突撃ナンバーの9へ。ボーナストラックには、デモかって言う音質のテスタメントみたいな突進ナンバーの10、タイトでスピーディーなスラッシュナンバーの11が収録されています。

 エクソダスやスレイヤーを彷彿とさせるオールドスタイルのスラッシュメタルをブラッシュアップしていくアルバムは、圧倒的なスピード感と破壊力を引っさげて全力で突っ走っていきます。80年代風のジャケットやバンドロゴまでスラッシュメタルに徹していくスタイルで一気呵成に突き進む潔さが爽快感を生み出しつつも、テスタメントやメガデスを思い出させるソロパートなどの手間のかけ方にセンスを伺わせたりします。スラッシュメタル黄金期の良いところを集めたみたいなテンションの上がる一枚でした。
 さすがにこのスペルでファイアーって無理じゃないかな…(´・ω・`)
同系統アルバム
UNDER ATTACK/DESTRUCTION
DIVISION OF BLOOD/SUICIDAL ANGELS
RED N' ROLL/CHRONOSPHERE





June

ICED EARTH | MUNICIPAL WASTE | SECRET SPHERE | SHADOWSIDE | TANKARD | UNLEASH THE ARCHERS |

INCORRUPTIBLE/ICED EARTH

インコラプティブル/アイスド・アース

MARQUEE MICP-11362 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 米国産パワーメタルバンドの12枚目のアルバムです。

 不穏なイントロに導かれるアルバムは、ハイトーンシャウトとクランチーなリフが炸裂する緊迫感高まるタイトなアップテンポの1から、独自のサウンドを形成していき、メランコリックなイントロからの2はタイトなリフと威圧的なヴォーカルが一体になって進むミッドテンポのナンバー、センチメンタルなイントロからシュレッディングなリフが叩きつけられていくエモーショナルなミッドテンポの3、叙情感の強い導入部から情念高まるヴォーカルが歌い上げていく扇情性の強いミッドテンポの4、不穏なイントロからクランチーなリフと荒々しいヴォーカルで圧倒してスリリングな展開を見せる攻撃的でソリッドな5、タイトなリフと叙情性の強いメロディで進むソリッドなミッドテンポの6、ソリッドなリフを繰り出していく7は叙情メロディで進むインストナンバー、哀愁メロディで扇情性を高めていくタイトなミッドテンポの8、ドラマティックなイントロから激しいリフを叩きつけていくダイナミックで攻撃的なファストチューンの9、静かなイントロからトライバルなビートや勇ましいコーラスを絡めた大胆な展開を見せる大作ナンバーの10が収録されています。

 優れたパフォーマンスを聴かせるヴォーカルの加入で安定感を増した最近のアルバムでは、更にメロディを強化しており、「ホラー・ショー」あたりの作風に近づいたような印象を与え、全体的に聴きやすい感触になっています。エッジの効いたギターの響きやパワフルなサウンドはこれまで通りの仕上がりになったおり、安心感と安定感を高水準で保っています。個々の楽曲はドラマティックながらも、アルバム全体としてはコンパクトに仕上げられたパワフルな一枚でした。
同系統アルバム
JUGGERNAUT/VOLCANO
BACK TO HAUNT/POLTERGEIST
PANGEA/PARADOX

SLIME AND PUNISHMENT/MUNICIPAL WASTE

スライム・アンド・パニッシュメント/ミュニシパル・ウェイスト

WARD RECORDS GQCS-90345 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 米国産スラッシャーの6枚目のアルバムです。バンドメンバーと別バンドで活動しているギタリストが新たに加入しています。

 切れ味鋭いクランチーなギターリフが荒れ狂うファストチューンの1から吐き捨てヴォーカルが叫ぶ勢いのあるスラッシュメタルが展開されていくアルバムは、息もつかせず突っ走るハードコアな2、攻撃的なヴォーカルがアジテイトしながら加速していくダイナミックな3、アクセル全開で突っ走るスラッシュナンバーの4、唸りを上げる硬質なリフで突き進むパワーメタリックで威圧感の強いスピードナンバーの5、不穏なイントロからアグレッシヴに進む緩急の強い6、クランチーなリフで突き刺さる突撃ナンバーの7、ソリッドなリフで吐き捨てていく勢いのあるアップテンポの8、パンキッシュに突っ走るファストチューンの9、ボーナストラックの10は息せき切って突っ走る忙しいスピードナンバー、唸るギターリフで爆走するファストチューンの11、不穏なイントロからアグレッシヴに突っ走りつつ正統派的な展開も見せる12、躍動するクランチーなリフがダイナミックな展開を見せていくインストナンバーの13、ダイナミックなリフワークで突き進む勢いのあるアップテンポから加速していく14、ダークなイントロから勢いのあるパンキッシュなコーラスと重厚な展開を見せる15が収録されています。

 えー、3分以上の曲ありません'`,、(´∀`) '`,、そんな感じのハードコアテイスト強まるスラッシュメタルが展開されていくアルバムは、油断しているとすぐ終わってしまう、あっという間の花火を打ちあげるかの如く一気に突っ走っていきます。とは言え中身の方は、思った以上に手が込んでいてメタル然としたインストナンバーあり、テクニカルなギターソロありと、メタルスピリットを強烈にアピールしていきます。密度がやたらと高い気付いてみたら終わってる一気呵成のアルバムです。
同系統アルバム
RED N' ROLL/CHRONOSPHERE
WEAPONS OF THRASH DESTRUCTION/TERRIFIER
MASS CONFUSION/DUST BOLT

THE NATURE OF TIME/SECRET SPHERE

ザ・ネイチャー・オブ・タイム/シークレット・スフィア

KING RECORD KICP-1853 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 イタリア産バンドの8枚目のアルバムです。ギタリストが脱退、さらにドラマーが交替しています。

 叙情的なメロディがシンフォニックに綴られるイントロで幕を開けるアルバムは、緊迫感高まるイントロからのタイトな劇的ナンバーの2で、哀愁メロディとドラマティックな展開を披露していくと、ロマンティックなメロディが染みるバラード的な3、テンションあげてキタ━(゜∀゜)━!な盛り上がる劇的スピードナンバーの4、優しいメロディで進む柔らかいエモーショナルなミッドテンポの5、壮大なムードとソリッドなギターリフが絡み合う様々なスタイルを取り入れたダイナミックな展開のミッドテンポの6、ドラマティックなイントロからスリリングに突き進むテクニカルでエッジの効いたアップテンポの7、アグレッシヴなリフで押し込むテクニカルで緊迫感高まるミッドテンポの8、ヘヴィなイントロからプログレな展開を見せるインストナンバーの9、雄大なイントロからの10はシンフォニックなパートを経て疾走する劇的スピードナンバー、哀愁たっぷりのイントロから優しいメロディで進むエモーショナルな劇的ナンバーの11、ボーナストラックには5のオーケストラバージョンが収録されています。

 パワフルヴォーカルに替わってから、すっかりB級らしさが薄くなってしまってある意味残念なところもありますが、クオリティを順調に高めたアルバムは、叙情メロディ満載の劇的サウンドを作り出しており、コンセプトに沿った彼ららしい世界観を提示していきます。初期のような衝動性の強いスピード感とかは望むべくも無いですが、すっかり整合性と完成度が高まった楽曲を揃えて、安心感のある仕上がりを見せます。プログレメタル的な側面が強まったものの聴き手に優しい一枚でした。
同系統アルバム
ARCHITECTURE OF A GOD/LABYRINTH
THE PASSAGE/DGM
THE FIRE WITHIN/ETERNITY'S END

SHADES OF HUMANITY/SHADOWSIDE

シェイズ・オヴ・ヒューマニティ/シャドウサイド

SPIRITUAL BEAST IUCP-16268 [☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ブラジル産の女性ヴォーカルを擁するバンドの4枚目のアルバムです。

 粘りのあるパワフルな女性ヴォーカルが歌い上げていくソリッドなミッドテンポの1から、タイトなリフを刻むパワフルなミッドテンポの2、モダンなヘヴィ感を強めていくタイトでグルーヴィな3、タイトなリフで突き進むアップテンポのスピードナンバーの4、ソリッドなリフとエモーショナルな歌唱が交錯するミッドテンポの5、 ドライヴ感の強いタイトでエモーショナルなアップテンポの6、グルーヴィなリフを繋げるソリッドなヘヴィナンバーの7、エモーショナルなヴォーカルが先導するタイトなミッドテンポの8、キャッチーなイントロから明朗なメロディを紡いでいくミッドテンポの9、ソリッドなリフを叩きつけていくアグレッシヴなアップテンポの10、情感高まるヴォーカルがダイナミックに迫るタイトで壮大なヘヴィナンバーの11、ボーナストラックはクランチーなリフで突っ走るアグレッシヴなスピードナンバーが収録されています。

 安定したパフォーマンスと実直な曲作りで仕上げられたアルバムは、正統派スタイルのヘヴィメタルを堅実に作り出していくもので、現代的なヘヴィネスも取り込んだアップデートされたサウンドを聴かせています。齟齬の無いプレイによって描き出される楽曲はまさしくヘヴィメタル然としたものになっていますが、あと一歩インパクトに欠けるもどかしい感じが残ります。4枚目にしては、あと何か加えたら突き抜けるような印象ばかりが残った一枚でした。
同系統アルバム
BLOOD - FURY - DOMINATION/ARTHEMIS
BURNING WITCHES/BURNING WITCHES
IN THE RED/CRUCIFIED BARBARA

ONE FOOT IN THE GRAVE/TANKARD

ワン・フット・イン・ザ・グレイヴ/タンカード

WARD RECORDS GQCS-90357 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 結成35周年、ベテランジャーマンスラッシャーの17枚目のアルバムです。

 不穏なイントロで始まるアルバムは、クランチーなギターリフと馬力のあるビートが繰り出す重量感のあるダイナミックな1から、ビール焼け気味のダミ声ヴォーカルが吼えるオールドスタイルのスラッシュメタルを展開していくと、グルーヴ感を強めてストロングに迫るモーターヘッド的でタイトなミッドテンポの2、タフなギターリフを叩き込んでくる高密度の3はアグレッシヴに迫るタイトなナンバー、叙情性の強いイントロから爆発力のあるリフと劇的なギターソロで突っ走る威嚇的なファストチューンの4、パワーメタル的なムードで突き進むダイナミックなアップテンポの5、ダークなイントロからの6はタイトなリフを激しく刻むアクティヴで叙情性の強いアップテンポのナンバー、ソリッドなリフを叩きつけていく起伏の激しいダイナミックな7、メイデンみたいな曲名の8はタイトなリフで押し込むアグレッシヴなナンバー、静謐なイントロから唸りを上げるリフが繰り出される緊迫感の高いアップテンポの9、遮二無二ドカドカ突っ込む突撃スラッシャーの10が収録されています。

 タンカードは酔っ払いスラッシュみたいな印象しかなかった上に、以前のアルバムを持っているかどうかも記憶が無い…どこか掘り返したらあるかもしれないけど(´Д`;)まあ、そんな感じで35周年おめでとうなアルバムは、バンドの集大成的な要素も孕みつつ、メロディックだったりパワフルだったりで、ずっとビールを呑んでるだけじゃないよ!と言うことを強くアピールする真面目な仕上がりになっています。思っていたよりもギターソロがドラマティックで安定感のあるサウンドと共に楽曲のクオリティアップに貢献しています。ベテランでもやっぱり元気なドイツ勢の勢いを感じさせる一枚でした。
同系統アルバム
THE GRINDING WHEEL/OVERKILL
THE EVIL DIVIDE/DEATH ANGEL
HEALED BY METAL/GRAVE DIGGER

APEX/UNLEASH THE ARCHERS

エイペックス/アンリーシュ・ジ・アーチャーズ

SPIRITUAL BEAST IUCP-16266 [☆☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 女性ヴォーカルを擁するカナダ産バンドの4枚目のアルバムです。ベーシストが交替しています。

 ミステリアスなイントロで幕を開けるアルバムは、畳み掛けるソリッドなギターリフの応酬が唸りをあげて開放的なコーラスへと導くダイナミックなアップテンポの1から、パワフルなハイトーンヴォーカルが唄い上げるドラマティックなヘヴィメタルを作り出していくと、ドライヴ感の強いリフで突っ走るアッパーなアップテンポの2、冒頭のシャウトでテンション上げる3はタイトなリフでスリリングに進むシリアスなアップテンポの劇的スピードナンバー、ダークでなリフを刻んでいくエモーショナルでタイトなヘヴィナンバーの4、叙情メロディがドライヴしていく展開の大きいアップテンポの5、タイトなビートと叙情メロディが交錯するエモーショナルなミッドテンポの6、ダークなムードを高めつつ壮大な空気も醸成するソリッドな劇的ナンバーの7、アコースティックのイントロからの8は男性ヴォーカルも加わったタイトなリフを刻んで緊張感を高めてダイナミズムを生み出すアップテンポのナンバー、哀愁メロディで突っ走るアップテンポの劇的スピードナンバーの9、アイアンメイデンを彷彿とさせる壮大で劇的な展開を聴かせる大作ナンバーの10、ボーナストラックにはクイーンズライクのカバーが収録されています。

 エクストリームメタルからの影響が見受けられたバンドですが、このアルバムでは正統派スタイルのオーセンティックなヘヴィメタルに徹しており、すっかり風格すら感じさせるサウンドが充満しています。説得力のあるヴォーカルに、フラッシーなギターソロを加えて、スリリングに展開していく様はベテランバンドに通じる伝統的な息吹とエネジーを感じさせるものとなっており、焦点の定まったストイックなサウンドを聴かせています。ストロングなパワーメタルが縦横無尽に展開する、バンドのヴィジョンが明確になった一枚です。
同系統アルバム
BRINGER OF PAIN/BATTLE BEAST
IMMORTALS/FIREWIND
APOCALYPSE AGAIN/THUNDERSTONE





July

BURNING WITCHES | ORDEN OGAN | RAGE | VOLCANO | WINTERSUN |

BURNING WITCHES/BURNING WITCHES

バーニング・ウィッチーズ/バーニング・ウィッチーズ

RUBICON MUSIC RBNCD-1235 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 スイス産フィメールバンドのデビューアルバムです。プロデュースにはデストラクションのシュミーアを迎えて製作しています。

 ソリッドなギターリフとパワフルな女性ヴォーカルが一体となって突き進むタイトでダイナミックなアップテンポの1から、80年代風のオーセンティックなヘヴィメタルを作り出していくアルバムは、威圧感と躍動感の強いロックするミッドテンポの2、オカルティックなムードが高まる不穏でエキセントリックなミッドテンポのヘヴィナンバーの3、メランコリックなイントロからの4はグロウルも加えて湿ったメロディで進むメイデン風のダイナミックなアップテンポのナンバー、勢いのあるイントロからテンション上げていくダークなメタルアンセムなアップテンポの5、大陸的なパワーバラードナンバーの6、叙情感タップリのメロディのイントロからエキセントリックなヴォーカルとキャッチーなコーラスで起伏を生み出すタイトなミッドテンポの7、さらにエキセントリックさを見せるオカルティックでキャッチーなヘヴィナンバーの8、威嚇的な攻撃性を見せていくソリッドでドラマティックなミッドテンポの9、アグレッシヴなリフで威圧する緩急の強い展開を見せるミッドテンポの10、11にはジューダス・プリーストの丁寧なカバー、ボーナストラックには6のアコースティックバージョンが収録されています。

 ジューダス・プリーストやアイアン・メイデンをベースに80年代メタルを再現していくサウンドは、そのエキセントリックなパフォーマンスがマーシフル・フェイトあたりを彷彿とさせたりしますが、基本的にはキャッチーなメロディを全面に押し出した楽曲を揃えています。さすがに時々グロウルとか使ったりしますが、純粋な正統派メタルとしてのスタイルを追求しており、クオリティの高いプロダクションも手伝って新人離れした作品に仕上げています。伝統を守りつつもブラッシュアップして最新のスタイルに近づけているあたりに才能とメタル愛を感じさせる完成度の高い一枚でした。
同系統アルバム
BRINGER OF PAIN/BATTLE BEAST
APEX/UNLEASH THE ARCHERS
迦陵頻伽/陰陽座

GUNMEN/ORDEN OGAN

ガンメン/オルデン・オーガン

SPIRITUAL BEAST IUCP-16269 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ドイツ出身のバンドの6枚目のアルバムです。

 壮大なイントロダクションで幕を開けるアルバムは、パワフルなギターリフと重厚なコーラスが一体となって迫る叙情劇的スピードナンバーの1から、スケール感の大きいサウンドを作り出していき、タイトなリフと哀愁メロディでドラマ性を高めていくミッドテンポの壮大な劇的ナンバーの2、扇情性の強いメロディとコーラスが炸裂するメランコリックでパワフルなアップテンポの3、キャッチーなメロディに勢いのあるコーラスと勇壮なムードが錯綜するタイトでフックの強いミッドテンポの4、センチメンタルな女性ヴォーカルに導かれる5は叙情メロディで突っ走る劇的スピードナンバー、メランコリックなイントロからタイトなリフと哀愁メロディを紡いでいくミッドテンポの壮大な6、エモーショナルなメロディと重厚なコーラスで進むヘヴィナンバーの7、壮大なムードで圧倒していくアップテンポの劇的ナンバーの8、重量感のあるイントロからソリッドなリフで切れ込むダイナミックなミッドテンポの9、壮大で荘厳なミッドテンポのシンフォニックナンバーの10、ボーナストラックにはライヴが二曲と、2のオーケストラバージョンが収録されています。

 スケール感の大きいサウンドを追求していくアルバムは、コンセプトにあまり影響を受けない独自のスタイルを保ちつつ、壮大な世界観を作り出していきます。スピード感は若干減退していますが、トラッド的なメロディやシンフォニックなアレンジで楽曲の説得力を高めています。ボーナストラックのオーケストラバージョンの出来が良いので、一度全編でやる価値はあるんじゃないかと思いつつ、新機軸とかはそれほど見当たらないものの、手堅くまとめた一枚でした。
同系統アルバム
BEYOND THE RED MIRROR/BLIND GUARDIAN
THE JAGUAR PRIEST/UNIVERSAL MIND PROJECT
WAR OF DRAGONS/BLOODBOUND

SEASONS OF THE BLACK/RAGE

シーズンズ・オブ・ザ・ブラック/レイジ

WARD RECORDS GQCS-90382/3 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ドイツ産ベテランパワーメタルバンドの前身バンドのアヴェンジャーから企画アルバムまで数えて23作目、普通に数えてみたら20作目のアルバムです。

 唸りを上げるパワー満点のリフとビートで突っ走るエンジン全開のダークなスピードナンバーの1から、レイジらしいサウンドが炸裂していくアルバムは、切れ味鋭いイントロからタイトなリフを刻んでいメロウなコーラスへと繋げるアップテンポのスリリングな2、ソリッドなギターリフを刻んでいく3はエモーショナルなメロディがヘヴィなサウンドと一体になって迫るミッドテンポのナンバー、湿ったメロディがエッジの効いたリフで紡がれる扇情性の強いコーラスが印象的なアップテンポの4、ダークなリフでゴリゴリ進むタイトでミステリアスな5、クランチーなリフが襲い掛かる威嚇的でソリッドなアップテンポのファストチューンの6、ソリッドなリフと湿ったキャッチーなメロディが交錯するミッドテンポの7、組曲形式となる終盤4曲は、優しいメロディで進む小品の8、壮大なイントロからの9はタイトなリフとキャッチーなメロディが明朗なムードを生み出すミッドテンポのナンバー、荘厳なコーラスからアグレッシヴなリフを繰り出すダークで攻撃的なミッドテンポの10、シンフォニックなサウンドに情感豊かな壮大なメロディを乗せたパワーバラード風の11で幕を閉じます。
 ボーナスディスクには、アヴェンジャー時代の楽曲をリ・レコーディングした6曲が収録されていますが、ハイトーンで唄ってるピーヴィーの姿はすっかり懐かしい'`,、(´∀`) '`,、3が“ファイアストーム”なのは、うん知ってた(´Д`;)

 新しいラインナップでの二作目と言う事で、楽曲のまとまりも良くなって活力あふれる躍動感の強いサウンドが展開されていきます。レイジ好きなメンバーが揃ったおかげで、バンドの雰囲気の良さがサウンドにも伝わってくるラフなロック感が楽曲の生命力を高めていきます。ピーヴィー以外の二人も唄が上手いので、ハイトーンは割りと他に任せている感がありますが、バンドなんだから出来る人がやればいいよね!色々な緊張感から開放された、元気で楽しそうなムードに満ちたパワフルな一枚でした。
同系統アルバム
BLOOD - FURY - DOMINATION/ARTHEMIS
INCORRUPTIBLE/ICED EARTH
IMMORTALS/FIREWIND

LEVIATHAN/VOLCANO

リヴァイアサン/ボルケーノ

METALIC CORE MC-009 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 国産パワーメタルバンドのリリース間隔が詰まってきた6枚目のアルバムです。

 マカロニウエスタン風のイントロダクションに導かれるアルバムは、唸りを上げる破壊力満点のリフで突進する激烈なファストチューンの2で、ダミ声ヴォーカルが吼え華麗なギターソロを披露するサウンドが展開されていくと、オーセンティックなリフワークを絡めたドライヴするメロディアスなアップテンポの3、ヘヴィリフを刻むイントロからの4はアグレッシヴに突き進む起伏の激しい突撃ナンバー、不穏なイントロからタイトに進む5はロック的なコーラスやどこのエマーソン・レイク・アンド・パーマーだって言うインストパートを絡めたミッドテンポのナンバー、湿ったメロディのイントロからアグレッシヴなリフワークで突っ切るアクティヴな6、躍動感の強いリフが加速していくアグレッシヴなアップテンポの7、超重量級のイントロからの8は唸りを上げるリフが押し寄せるロック感も残るミッドテンポのナンバー、クランチーなリフで進む9は湿ったメロディが印象的なミッドテンポのナンバー、叙情メロディを絡めたグルーヴィなリフで進むエモーショナルなミッドテンポの10、泣きのメロディで突っ走る叙情スピードナンバーの11が収録されています。

 もう出たのかよ!Σ(゜Д゜)と言うあのブランク期間とは何だったのか、みたいなリリースペースのアルバムですが、クオリティは今までどおりで安心のサウンド。少しずつ新たな要素を加味してブラッシュアップを図る意図を感じさせつつも、全体的なイメージは保持してバンド全体で構築した自由なフィーリングが漲っています。製作に関しては色々あったみたいですが、確かな信念を感じさせる安定感のある一枚でした。
同系統アルバム
BROTHERHOOD OF THE SNAKE/TESTAMENT
THE EVIL DIVIDE/DEATH ANGEL
HEALED BY METAL/GRAVE DIGGER

THE FOREST SEASONS/WINTERSUN

ザ・フォレスト・シーズンズ/ウィンターサン

WARD RECORDS GQCS-90399 [☆☆☆] >>>>>BUY...?

 フィンランド出身のバンドの三枚目のアルバムです。

 春をイメージした静かな始まりからの1は、タイトなリフとグロウルが神秘的なムードで進むスリリングで多彩な展開を見せていく二部構成のアルバムで最長のナンバー。ヘヴィなイントロからの2はフォークメタル的で暗いムードを持ったタイトで壮大な劇的ナンバー、四部構成の3は、ダークなムードが高まるブルータルでシンフォニックな突撃パートから、哀愁帯びた叙情性の強いインストパートを中心にしたパート、威圧的で暴虐的なパートに雪崩れ込みます。寂寥感のあるイントロから、情感タップリに進んでいく壮大でエモーショナルな4、ボーナストラックは4のアコースティックバージョンが収録されています。

 シンフォニックデスメタルをファンタジックだったりエピックだったりミステリアスだったりとドラマティックに演出していくアルバムは、神秘の森の春夏秋冬を表現していくクラシックにも通じるモチーフを使ったもので、10分越えの曲が4曲とかなり尖った構成で作り出されています。やりたいことを追求するプロジェクトなわけですが、こだわりのサウンドは誰のフィルターも通らないだけに、冗長さは否めないところで、多少聴きとおすには忍耐が必要な模様。何となく皆が期待しているサウンドは今後も出てきそうにないんじゃないかなって一枚でした。
同系統アルバム
ERDENTEMPEL/EQUILIBRIUM
SLAYER OF GODS/BRYMIR
DREAMLESS/FALLUJAH





August

ACCEPT | ADAGIO | ERUPTION | THE HAUNTED | MARTY FRIEDMAN | SEPTICFLESH | SERIOUS BLACK | WIND ROSE |

THE RISE OF CHAOS/ACCEPT

ザ・ライズ・オブ・ケイオス/アクセプト

WARD RECORDS GQCS-90385 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ドイツ在住のメンバーが一人しかいない、ドイツ産ベテランバンドの15枚目のアルバムです。ギタリストにグレイヴ・ディガーなどに在籍していたウヴェ・ルイスとドラマーにクリストファー・ウィリアムズを迎えて製作されています。

 不穏なイントロから、タフなギターリフを刻んでいくストロングスタイルのアップテンポの1から、往年の姿を彷彿とさせるサウンドを展開していくアルバムは、ミステリアスなムードがタイトなリフで刻まれるミッドテンポの2、エッジの効いたリフを叩きつけていく迫力のあるスピードナンバーの3、初期のライオットみたいな雰囲気のブルージーなミッドテンポのハードロックナンバーの4、タイトなリフとビートが壁のように迫るエモーショナルなコーラスとソリッドなサウンドが交錯するスリリングなミッドテンポの5、80年代のアクセプトの空気感が蘇るミッドテンポのロッキンな6、湿ったメロディと哀愁コーラスで突き進むアップテンポの7、叙情メロディとソリッドなリフが一体となって迫る扇情的なミッドテンポの8、タイトなリフがドライヴしていくアップテンポのスピードナンバーの9、ヘヴィなイントロから焦燥感高まるメロディで進む緊迫感高まる展開のミッドテンポの10が収録されています。

 メンバーチェンジの影響は、良い方向にしか働かなかったようで、最近の作風を継承した正統派ヘヴィメタルが充満するアルバムに仕上げられています。全盛期のサウンドを感じさせるフィーリングにあふれた楽曲を揃えており、時々「ボールズ・トゥ・ザ・ウォール」っぽい感触を与えていきます。再結成時の路線変更を憶えているファンなら新機軸とかそこまで期待しないよね!みたいな新メンバーもほぼ同世代で固まった、安定感と安心感が充填された一枚です。
同系統アルバム
HEALED BY METAL/GRAVE DIGGER
IMMORTALS/FIREWIND
APEX/UNLEASH THE ARCHERS

LIFE/ADAGIO

ライフ/アダージョ

KING RECORDS KICP-1857 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 フランス産バンドの5枚目のアルバムです。ヴォーカリストとドラマーが交替して、さらにヴァイオリニストが加入して製作されています。

 優雅ながらも不安感の高まるシンフォニックなイントロに導かれるアルバムは、馬力のあるハイトーンヴォーカルがダークなメロディを歌い上げていく展開の複雑なミッドテンポの1から、手数の多いヘヴィリフで始まるダークでメランコリックなミッドテンポの2、ミステリアスなイントロからエキゾティックなメロディとソリッドなリフが激しく展開していく壮大な劇的ナンバーの3、ロマンティックながらも不穏なイントロからの4は緊迫感の高まる展開で進む起伏の大きいナンバー、スリリングなイントロからダークでテクニカルなリフとスクリームで緊張感を高めていくソリッドなミッドテンポの5、ヴァイオリンの緊張感高まる響きに導かれる6はメランコリックでダークなミッドテンポのナンバー、ミステリアスなムードが高まるタイトなミッドテンポの7、センチメンタルなイントロからの優しいエモーショナルなナンバーの8、悲しげなピアノのイントロからシンフォニックなサウンドがスリリングに展開していくドラマティックな9、ボーナストラックの10はテクニカルなプレイで進むヘヴィナンバーが収録されています。

 テクニカルでドラマティックなサウンドが充満するアルバムは、内省的な題材もあってかとても重い雰囲気を全面に感じさせるものとなっていて、聴き手に圧迫感を与えていきます。高い次元で構築された音世界は天才ギタリストと称されるステファン・フォルテの才能を存分に発揮させており、緊張感を持続した楽曲を揃えていきます。一聴して分かるようなキャッチーな要素を削ぎ落として先鋭化を図っているため、聴き手を選ぶきらいが強まっていますが、完成度の高い高密度の一枚でした。
同系統アルバム
THE ASTONISHING/DREAM THEATER
QUIET WORLD/NATIVE CONSTRUCT
THE PHANTONAUTS/QANTICE

CLOAKS OF OBLIVION/ERUPTION

クロークス・オヴ・オブリヴィオン/イラプション

SPIRITUAL BEAST IUCP-16270 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 スロヴェニア出身のバンドの三枚目のアルバムです。

 メランコリックでドラマティックなイントロダクションに導かれるアルバムは、クランチーなリフでアグレッシヴに突き進むダイナミズム高まるスピードナンバーの2で、ハスキーなハイトーンスクリーマーとダークな世界観を見せ付けていくと、リリカルなイントロから暗いメロディと情念高まるタイトなヘヴィナンバーの3、エッジの効いたリフとテンションの高いヴォーカルで突き進むスリリングなファストチューンの4、ヘヴィでダークなイントロからタイトなリフを刻む躍動感あるミッドテンポの5、緩急を効かせた突進力の強いアグレッシヴな6、ダークでミステリアスなムードを高めるエモーショナルなスローナンバーの7、起伏の大きいダイナミックな展開を見せるアグレッシヴな8、エモーショナルなヴォーカルとクランチーなリフで進むソリッドなミッドテンポの9、ボーナストラックにはデモバージョンの10にライヴが二曲収録されています。

 スピード/スラッシュメタル的なサウンドを作り出していくアルバムは、スピードを落としたパートが全部ネヴァーモアだと言う、ネヴァーモア後継って本家のサンクチュアリ以外にもういないんじゃないかと思われていたシーンに颯爽と登場!みたいな感じです(´∀` )ファストパートはアメリカンなパワーメタルやベイエリアスラッシュの影響を受けており、活力あるサウンドを作り出していきます。影響元であるネヴァーモアよりも圧倒的に敷居が低いですが、方向性としてはどこにでも転んでいく可能性も感じさせる、勢いのあるサウンドと暗い情念に彩られる今後も注目したい一枚でした。
同系統アルバム
THE YEAR THE SUN DIED/SANCTUARY
PANGEA/PARADOX
THE OBSIDIAN CONSPIRACY/NEVERMORE

STRENGTH IN NUMBERS/THE HAUNTED

ストレングス・イン・ナンバーズ/ザ・ホーンテッド

TROOPER ENTERTAINMENT QATE-10097 [☆☆☆] >>>>>BUY...?

 スウェーデン出身のバンドの9枚目のアルバムです。

 怪しげなムードが高まるイントロに導かれるアルバムは、曲調を一転させて突進していくブルータルで展開の大きい2からグロウルと共にアグレッシヴに突き進んでいくと、ヘヴィリフでジワジワ迫る緩急の強いメランコリックでグルーヴィなミッドテンポの3、ソリッドなリフとダークなメロディを叩き込んでいく高圧のヘヴィナンバーの4、不穏なイントロからダイナミックなリフが加速していく展開の激しいアップテンポの5、咆哮から一気に突っ走っていく怒涛のブルータルナンバーの6、ダークなイントロからの7はグルーヴィなリフが這いよるヘヴィナンバー、畳み掛けるタイトなリフで押し込んでいく躍動感の強いミッドテンポからファストに展開する8、威勢よく突進していくアップテンポのアグレッシヴな9、ダークなメロディがヘヴィリフと一体になって迫るスローナンバーの10、ボーナストラックにはヘヴィリフで押し込んでいくブルータルでエモーショナルな11、ミステリアスで不穏な空気が漂うソリッドな12、エピックなイントロからタイトなリフが唸りを上げるミッドテンポの13が収録されています。

 メランコリックなメロディを大胆に取り入れた楽曲を増やしてきたアルバムは、これまでのブルータルなスタイルとも合わさって異なる感触を与えるものになっています。バラエティのある楽曲はアルバム全体の抑揚をつけるのに一役買っていますが、メロディが威圧感を割と損なう場面が多く、テンションが維持できない事も。手馴れたアーティストが揃っているので、楽曲を上手く仕上げていますが、気持ちコレじゃない感じが残る一枚でした。
同系統アルバム
MACHINE MESSIAH/SEPULTURA
BEAST/DESPISED ICON
IN HIS INFERNAL MAJESTY'S SERVICE/WITCHERY

WALL OF SOUND/MARTY FRIEDMAN

ウォール・オブ・サウンド/マーティ・フリードマン

WARD RECORDS GQCS-90389 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 面白外国人タレントじゃないんだよ!みたいなアメリカ人ギタリストの12枚目のソロアルバムです。

 ヘヴィでスリリングなギターサウンドが唸りを上げるエモーションとアグレッションが錯綜するシャープな1から、ブラック・ベイル・ブライズのギタリストがヴァイオリンで参加するドラマティックでメランコリックな2、ムーディなイントロからの3はダイナミックな展開で叙情的なメロディを繋いでいくタイトなナンバー、多彩なプレイを加えたプログレッシヴな展開を見せるテクニカルでスリリングな4、泣きのギターと優しいメロディが心に染みるエモーショナルな5、デフヘヴンのギタリストが参加した緩急の強いダークな6、扇情的なメロディが雪崩れ込み情念高まる7、ノルウェーのバンド、シャイニングのヴォーカルが参加した8はダイナミックでアグレッシブに進むハードアタックなナンバー、二胡みたいなムードのギタープレイを聴かせる哀愁帯びたライオットみたいな9、柔らかいメロディから勇壮に展開していく10、叙情的なメロディから緊迫感を高める唸りを上げるギターがスリリングに展開するダイナミックな11、ボーナストラックには前作からの曲のライヴバージョンが二曲収録されています。

 前作から更にサウンドとメロディをエクストリームに進めてきたアルバムは、さすがの自信作と言ったクオリティを見せており、多くの感情を詰め込んだ楽曲を揃えています。充満するフラッシーなギターが随所で爆発する渾身のプレイに魂を込めていく姿は正に求道者。まだまだ究極のサウンドに向けて歩みを止めない拘りの一枚でした。
同系統アルバム
UNDERWORLD/SYMPHONY X
ALTERED STATES OF CONSCIOUSNESS/ABNORMAL THOUGHT PATTERNS
SUICIDE SOCIETY/ANNIHILATOR

CODEX OMEGA/SEPTICFLESH

コデックス・オメガ/セプティックフレッシュ

WARD RECORDS GQCS-90409 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ギリシャ産シンフォニックデスメタルバンドの10枚目のアルバムです。

 不安感の残るシリアスなイントロダクションで開幕するアルバムは、オーケストラと一体となって迫る壮大なサウンドで圧倒していくブルータルでスリリングな展開を見せる重厚な1から、壮絶な世界観を作り出しており、怒涛のヘヴィリフが押し寄せ威圧感の強まるダイナミックでブルータルな突進ナンバーの2、静かながらも不穏なイントロからの3はスケール感の大きいリフとオーケストレーションで押し込む緩急の強いダークなヘヴィナンバー、ストリングスのイントロからグルーヴ感強まるリフが繰り出されていくエモーショナルなミッドテンポのヘヴィナンバーの4、スリリングなイントロから緊張感が高まっていく壮大なサウンドが展開される5、威嚇的な破壊力を高めつつ進むドラマティックなミッドテンポの6、クトゥルー神話を題材にしたスリリングでオカルティックな7、緊張感高まるタイトなリフで突き進むダイナミックなアップテンポの8、ダークなイントロからアグレッシヴなリフが展開される緊迫感高まる9、叙情的なメロディが紡がれていくリリカルなイントロから邪悪さが積もるヘヴィパートへと移行するダークな10が収録されています。

 気付いてみたらシンフォニックデスで固まったバンドですが、安定感のあるエクストリームなサウンドが繰り広げられる様は、すっかり安心のブランド。前作を継承するスタイルは黙示録やホラー小説をモチーフとして暗黒世界を描き出しており、慣れたせいかちょっと聴きやすいサウンドに仕上げられています。サウンドトラック的な感触の詰め込みすぎないスケールの大きい楽曲を揃えている完成度の高い一枚でした。
同系統アルバム
THE SATANIST/BEHEMOTH
WHAT SHOULD NOT BE UNEARTHED/NILE
SLAYER OF GODS/BRYMIR

MAGIC/SERIOUS BLACK

マジック/シリアス・ブラック

WARD RECORDS GQCS-90433 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 ジャーマンメタルとして始まった多国籍バンドの三枚目のアルバムです。

 ナレーションを絡めたドラマティックなイントロダクションで幕を開けるアルバムは、ソリッドなギターリフを刻んでいくダイナミックでメロディアスなアップテンポの叙情ナンバーの2から、キャッチーなメロディがハイトーンヴォーカルで歌い上げられていく劇的メタルが展開されていくと、叙情メロディとタイトなリフが組み合わさった躍動感のあるミッドテンポの3、フックの強いキャッチーなメロディで突っ走るアップテンポの4、メランコリックなイントロからの5は哀愁メロディを紡ぐエモーショナルなナンバー、煽情性の強いメロディとダイナミックなリフワークで進むキャッチーなコーラスが印象的なミッドテンポの6、ソリッドなリフと湿ったメロディがシアトリカルなパフォーマンスを呼び起こすミッドテンポの哀愁ナンバーの7、タイトなリフを刻むミステリアスでダークなミッドテンポのネオクラナンバーの8、キラキライントロからの9は北欧メロディ全開のメランコリックなミッドテンポのナンバー、キラキラしながら突っ走る展開の大きい叙情スピードナンバーの10、ドラマティックなイントロからの11は哀愁メロディを紡ぐポップなミッドテンポのナンバー、スリリングなイントロから叙情メロディで進むタイトなミッドテンポの12、キャッチーなメロディで突き進むスピードナンバーの13、メランコリックな静かなイントロからクィーンみたいなシアトリカルな展開を見せる劇的ナンバーの14、ボーナストラックにはサビが日本語と言うメランコリックな曲が収録されています。

 二枚目を見逃していたら、メンバーが全然替わってた'`,、(´∀`) '`,、みたいなメロディックメタルを作り出していくアルバムは、メンバーの構成上北欧的なムードが強まっているものの、アルバムコンセプトに影響されてシアトリカルだったりするサウンドに仕上げられています。経験値の高いメンバーが揃っているだけに安定感のあるパフォーマンスと手堅い曲作りに聴き手も安心。突出した何かは無いものの、品質と能力値の高い一枚でした。
同系統アルバム
DIABOLICA/IRON MASK
TSAR/ALMANAC
IMMORTALS/FIREWIND

STONEHYMN/WIND ROSE

ストーンヒム/ウインド・ローズ

RUBICON MUSIC RBNCD-1237 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 イタリア産フォークメタルバンドの三枚目のアルバムです。

 不穏なムードが高まるフォーク風のイントロで幕を開けるアルバムは、パワフルなヴォーカルと男女コーラスが一体となって迫る勇壮でダイナミックなエピックメタルナンバーの2、勇壮かつ壮大に展開していくパワーメタリックなスピードナンバーの3、哀愁帯びたフォーキーなメロディで進むキャッチーでドラマティックなアップテンポの4、ウィスパーヴォイスから始まる5はアコースティックなパートからパワフルに進んでいくアップテンポの緩急の強い劇的ナンバー、プリミティヴなインストナンバーの6から、壮大なムードを高めつつ勇壮に迫るダイナミックなミッドテンポの7、フォーキーなイントロから威勢よく突き進んでいく起伏の大きいスリリングなスピードナンバーの8、叙情的なメロディが重ねられていくドラマティックでエピックなミッドテンポの9、ボーナストラックには、タイトなリフとミステリアスなムードが交錯するイントロからの勇壮なアップテンポの10、ライヴバージョンの11が収録されています。

 どこの北欧バンドかと思ったらイタリアのバンドだったよ!'`,、(´∀`) '`,、みたいなフォークメタルが展開されていくアルバムは、ブラインド・ガーディアンあたりのアプローチに近いパワーメタル由来のサウンドが充満しており、オーケストレーション満載の演出も相まってドラマティックな仕上がりとなっています。さすがにイタリアンなスピリットが加わった楽曲は、北欧産よりも派手さのある劇場性を生み出しており、シンプルな高揚感を味わえます。今後にも期待できそうな血沸き肉踊る一枚でした。
同系統アルバム
ARMAGEDDON/EQUILIBRIUM
BEYOND THE RED MIRROR/BLIND GUARDIAN
GUNMEN/ORDEN OGAN





September

ARCH ENEMY | ARCHSPIRE | CRADLE OF FILTH | ENSIFERUM | GALNERYUS | NOCTURNAL RITES |

WILL TO POWER/ARCH ENEMY

ウィル・トゥ・パワー

TROOPER ENTERTAINMENT QATE-10095 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 スウェーデン出身のバンドの十枚目のアルバムです。

 ブルータルに突き進む緩急の強いアグレッシヴな突撃ナンバーの1で、一気にテンションを上げていくアルバムは、タイトなリフと叙情メロディが交錯するミッドテンポの2、エッジの効いたリフが突き刺さるスリリングなスピードナンバーの3、メランコリックなイントロからの4はソリッドなリフを刻んでいくエモーショナルなミッドテンポのナンバー、センチメンタルなイントロから情感豊かに泣きのギターとクリーンヴォーカルが絡み合うグロウルのサビがアクセントのパワーバラード風ナンバーの5、ブルータルに突進するシャープなギタープレイとグロウルが感情を揺さぶる定番スピードナンバーの6、ミステリアスなイントロからヘヴィリフでグルーヴィに迫る緩急の強いソリッドな7、小品のインストナンバーの8を経て、イェンス・ヨハンソンが参加したクラシカルな物悲しいイントロからの9はクランチーなリフが躍動的に突き進みダイナミックな展開を見せる様式美スピードナンバー、ブルータルでソリッドなリフで押し込むミッドテンポの10、ストリングスの調べに導かれる11はタイトなリフを刻む高密度のエモーショナルなミッドテンポのナンバーでシンフォニックなアレンジも盛り込みます。叙情フレーズで切れ込んでいくアウトロになってしまったインストナンバーの12、ボーナストラックには、プリティ・メイズの名曲のカバーにG.B.H.のカバーの二曲が収録されています。

 ヴォーカリストの表現力をようやく活用する方向に至ったアルバムは、楽曲のスタイルとしても新機軸満載の実験的なものを揃えたバラエティに富むものに仕上げています。いつもと違うことを色々とやっているせいか、楽曲としては上手くいったりいかなかったりとムラのある仕上がりになっていて、もやもやっとするパートが気になりますし、日本盤の曲順変更は解せない。それほど効果があったかどうかは微妙。定番パートも揃えてファンの期待にも応えていますが、さすがに色々と方向性を模索している感じの一枚でした。
同系統アルバム
COLD INFERNO/DISARMONIA MUNDI
FIVE/THE AGONIST
NORTHERN HELL SONG/GYZE

RELENTLESS MUTATION/ARCHSPIRE

リレントレス・ミューテーション/アーチスパイアー

WARD RECORDS GQCS-90440 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 カナダ出身のエクストリームバンドの三枚目のアルバムです。

 唸りを上げるギターと高速ドラムが高速グロウルを一体なって突き進む手数がやたらと多いブルータルな1から、音の奔流に押し流されていくアルバムは、スペーシーなイントロからタイトなビートを刻んでいくダークで高密度の2、ダークでソリッドなイントロからブルータルに突き進んでいくフラッシーな高速ギターソロとのコントラストが強い突進ナンバーの3、メランコリックなイントロからの4は音の押し引きが激しい落差の大きいテクニカルなナンバー、マシンガングロウルとブラストビートがテクニカルに突進していく5はフラッシーなギターソロを絡めつつ圧倒的な威圧感で押し込んでいく緩急のコントラストの激しい激烈ナンバー、トリッキーなビートで突撃していくカオスな展開を見せるテクニカルな6、ブルータルに荒れ狂うテクニカルパートとメランコリックなパートが激突する嵐のような7が収録されています。

 ボイスパーカッションみたいなグロウルとテクニカルなプレイが一体となって突き進む、とりあえず滅茶苦茶に忙しいエクストリームなサウンドが展開されるアルバムは、何だこの密度早送りかよ!'`,、(´∀`) '`,、って具合に音符が沢山詰め込まれていきます。カナダ産バンドらしく、詰め込み一辺倒ではない隙間のあるパートを組み込んで楽曲に強いコントラストを生み出していくあたりは、デスコアだけに留まらない手札の多さを見せ付けます。曲数も収録時間も少ないのに凄く音を聴かされてお腹いっぱいになる割りに聴きやすくなっている色々とんでもない一枚です。
同系統アルバム
BEAST/DESPISED ICON
THE VIOLENT SLEEP OF REASON/MESHUGGAH
TERMINAL REDUX/VEKTOR

CRYPTORIANA - THE SEDUCTIVENESS OF DECAY/CRADLE OF FILTH

クリプトリアナ〜腐蝕への誘惑/クレイドル・オブ・フィルス

WARD RECORDS GQCS-90427 [☆☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 英国産ブラックメタルバンドの12枚目のアルバムです。

 不安感高まる邪悪なイントロダクションで幕を開けるアルバムは、男女コーラスを絡めた叙情メロディがスリリングに展開していくダークでドラマティックなスピードナンバーの2から、独特のスクリームが炸裂する暗黒音楽が展開されていくと、エキゾティックなイントロからブラストビートが叩きつけられていくブルータルでオカルティックな高速ナンバーの3、ダークなメロディが連なる4はアグレッシヴに突き進む起伏の大きい攻撃的なナンバー、哀愁メロディに導かれる5はアナイアレイターアイアン・メイデンが交錯するスリリングな展開で圧倒する激烈な疾走ナンバー、メランコリックなイントロから激しく突進していく女性ヴォーカルも加わった緩急の強いダイナミックでシアトリカルな6、ダークでエモーショナルなメロディが激しく展開されて速度を変えながらドラマティックに突き進む7、荘厳なコーラスに導かれる8はダークで如何わしいヘヴィサウンドが展開されるシンフォニックな暗黒劇場。ボーナストラックにはスリリングに突き進むスピードナンバーの9とハマリっぷりが凄いアナイアレイターのオカルティックなカバーの10が収録されています。

 サウンドとテーマが完全に合致した暗黒世界が描き出されるアルバムは、ヴォーカルとビートのエクストリーム感がダークなメロディと一体になって進む彼ららしい楽曲を揃えており、退廃的で幻想的な空気感を醸造していきます。ギターソロがすっかり正統派している分、聴きやすくなっていますが、曲展開はエクストリームなリフを繰り出したりシンフォニックだったりと尖ったものになっており、サウンドに強いコントラストを生み出していきます。芸風と題材がうまく嵌るかどうかがこのバンドのキモですが、今作は上手くいって良かったなあって一枚でした。でも、このジャケのTシャツまた着れないな(´・ω・`)
同系統アルバム
IN HIS INFERNAL MAJESTY'S SERVICE/WITCHERY
THE EMPIRE/VADER
CODEX OMEGA/SEPTICFLESH

TWO PATHS/ENSIFERUM

トゥー・パス/エンシフェルム

WARD RECORDS GQCS-90441 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 フィンランド出身のバンドの七枚目のアルバムです。キーボーディストが脱退してアコーディオン奏者が色々プレイしています。

 壮大なムードが高まるイントロダクションに導かれるアルバムは、勇壮なムードが一気に高まるコーラスワークでテンションを上げていくグロウルの咆哮とタイトなサウンドが融合するアップテンポの2で北欧的な空気を呼び起こすと、フォーキーなメロディを孕むリフで突っ走る威勢の良さで突っ走るアップテンポの3、クリーンヴォーカルが叙情的なメロディを唄いエモーショナルに進むミッドテンポの4、フォーキーなメロディで突っ走る勢いのある疾走ナンバーの5、哀愁に満ちたメロディが紡がれる女性ヴォーカルも加わった情緒的で勇壮なミッドテンポの6、クリーンヴォーカルが湿り気たっぷりのフォーキーなメロディを歌い上げていくアップテンポの7、叙情メロディで突き進む展開の大きい重厚なミッドテンポの8、威勢よくフォーキーに突っ走りつつハイテンションで盛り上がるアップテンポの9、物悲しいメロディで進む重厚なヘヴィナンバーの10、アコースティックで紡がれるの物悲しいバラード風ナンバーの11、ボーナストラックには9と7の別バージョンが収録されています。

 北欧フォークメタルを実直にやってのけるアルバムは、良くも悪くも安定したサウンドを生み出しており、デジタルアコーディオンなんてものがあったのか…みたいな感じで微妙なクリーンヴォーカルを加えたり女性ヴォーカルを前面に押し出したりと色々手札をふやしているものの作風に大きな変化はありません。作風的には大きな驚きはありませんが、一定のクオリティを保った一枚でした。
同系統アルバム
NOITA/KORPIKLAANI
THE PAGAN MANIFESTO/ELVENKING
ARMAGEDDON/EQUILIBRIUM

ULTIMATE SACRIFICE/GALNERYUS

アルティメット・サクリファイス/ガルネリウス

WARNER MUSIC WPCL-12714 [☆☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 国産パワーメタルバンドの11枚目のアルバムです。ドラマーにアンラッキー・モルフェウスなどで活動するFumiyaが加入しています。アルバムジャケットなどは、「地雷震」や「爆音列島」などでお馴染みの高橋ツトムが手がけています。

 哀愁帯びたエピックなイントロダクションで幕を開けるアルバムは、飛翔するメロディでドラマティックに突き進むスピードナンバーの2から、華麗なギタープレイとパワフルなハイトーンヴォーカル一気にムードを高めていくと、更に加速するスリリングなスピードナンバーの3、勇壮なムードが高まる4はタイトなリフがダイナミックな展開を呼び起こすエピックメタル的なミッドテンポのナンバー、ヒロイックなムードで進むスケール感の大きい、どこのキース・エマーソンだって言う鮮やかなキーボードワークが印象的なミッドテンポの5、扇情的なメロディを紡いでいくパワーバラード風のエモーショナルな6、不穏で豪華なイントロから起伏の大きい展開で加速していくドラマティックなアップテンポの7、組曲第一部の8は、テクニカルなプレイで振り切るスリリングな8-1からドラマティックでエモーショナルなアップテンポの8-2、哀愁メロディが迫るエモーショナルでドラマティックなバラードナンバーの8-3を揃えています。組曲第二部の9は、哀感タップリのメロディが炸裂する劇的スピードナンバーが有機的に結びついて大きなドラマ性を生み出していきます。

 前作からのストーリーを引き継ぐコンセプトアルバム第二弾となった作品は、配給会社の移籍も伴ってプロダクションなども含めた全体のクオリティが底上げされており、グレードアップされた仕上がりを見せています。前作は作風もあって重厚さが強調されたものでしたが、今作は開放感や飛翔感の印象が強くなっており、難波弘之みたいなキーボードの仕事っぷりにより豪華さも加わってメジャー感が高まっています。二作連続のコンセプトアルバムとしての醍醐味も堪能できるスケール感の大きい一枚でした。
同系統アルバム
TSAR/ALMANAC
THE NATURE OF TIME/SECRET SPHERE
WAR OF DRAGONS/BLOODBOUND

PHOENIX/NOCTURNAL RITES

フェニックス/ノクターナル・ライツ

KING RECORDS KICP-1860 [☆☆☆☆] >>>>>BUY...?

 スウェーデン出身のバンドの9枚目のアルバムです。ギタリストにスカー・シンメトリーのペル・ニルソンが加入しています。

 ダークでヘヴィなストロングスタイルのミッドテンポの1から、パワフルなハスキーヴォーカルとソリッドなサウンドが展開されるアルバムは、湿ったメロディが力強く歌い上げられるタイトなミッドテンポの2、緊張感高まるリフワークで突き進むシリアスでダイナミックなアップテンポの3、叙情メロディが積み重ねられていくエモーショナルでスケール感の大きいスローナンバーの4、ソリッドなリフを刻む5はパワフルなヴォーカルが情感豊かに感情を爆発させていくドラマティックなミッドテンポのナンバー、タイトなリフが激情のヴォーカルと一体になって迫るミッドテンポの6、タフなリフで畳み掛けダイナミズム高まるアグレッシヴなアップテンポの7、叙情性の強いリフとタイトなビートが情感高まるヴォーカルを導くミッドテンポの劇的ナンバーの8、メランコリックなメロディが壮大に描き出されるパワーバラードの9、エッジの効いたリフで突き進む攻撃的に迫るアップテンポの10、タイトなリフがスリリングに展開するダイナミックなスピードナンバーの11、ボーナストラックの12はアコースティックのバラードナンバーが収録されています。

 10年ぶりの作品ですが、ミッドテンポの曲を中心に叙情的なメロディを聴かせるというヨーロピアンな正統派メロディックメタルとしてのスタイルは健在で、前作からの流れを受け継ぐアルバムになっています。新加入のギタリストの影響はあまり感じられず、良かったような残念なような。手堅いバックのプレイと熱量の高いヴォーカルのコンビネーションを堪能できる一枚になっています。
同系統アルバム
BLOOD - FURY - DOMINATION/ARTHEMIS
IMMORTALS/FIREWIND
SCARY CREATURES/BRAINSTORM





October

|





Nobember

|





December

|