「早く殺される奴ほど早く死ぬ」電子書籍版の解説

早く殺される奴ほど早く死ぬ  本編 (The Sooner You Get Killed, the Sooner You Die) は2020年12月に刊行されたニューヨークの私立探偵ジョー・ヴェニスもの中編集『逃亡者と古傷』(版元は扶桑社電子書籍PODで、《ミステリマガジン》2019年9月号に掲載された「厄介な古傷」です。
と書き下ろしの「きのうの逃亡者はきょうも逃亡者」の中編2編を収録)のあとに書いたヴェニスもの中短編の第19編です。

 時代設定は2020年の春で、ちょうど新型コロナウイルスの感染拡大がアメリカや日本で始まった頃です。アメリカでも日本でもマスクをつける人がいたり、いなかったりの曖昧な頃でした。

 本編にはヴェニスの従姉妹が初めて登場します。年齢がヴェニスとは同い年ですので、いちおう「従姉妹」としておきます。

 ふざけたタイトルですが、これは英語タイトルが最初に閃き、それから日本語タイトルを決めたせいです。この英語タイトルが決まってから、ストーリーのプロットがだんだんできあがってきました。本文を読んでくださって、どうしてこういうタイトルになったのか、理解していただけると嬉しいです。(著者)

(c) 2022 by Jiro Kimura
http://www.amazon.co.jp/dp/B09SDKNW4B
価格は税込300円です。
(2022年02月15日)



日本版ホームページへ

国際版ホームページへ