ガムシュー・サイト



ガムシュー・サイト

(1996年04月01日開設)
(2022年09月27日更新)




『ジロリンタン通信』2022年09月号

ギャンブラーが多すぎる  今年の夏は9月半ばまで暑かったですね。9月にはいると、セミの声が聞こえなくなり、歩道に落ちたセミの亡骸を巣に持ち帰ったアリの姿も見かけなくなりました。9月ももうすぐ終わります。それでも、コロナウイルスに感染する人がいて、まだコロナ禍が終息していないことを気づかされます。皆様、安全に健康にお過ごしでしょうか?

 さて、7月下旬に発売されたジロリンタンが訳したドナルド・E・ウェストレイク著『ギャンブラーが多すぎる』(新潮文庫、税込880円)が村上貴史氏(朝日新聞)や池上冬樹氏(週刊文春)、西上心太氏(毎日新聞)、杉江松恋氏(Web本の雑誌)、南伸坊氏(Web婦人画報)、牧原勝志氏(twitter)、♪akira氏(翻訳ミステリー大賞シンジケート)に絶賛されたお陰で(ここで名前を挙げ忘れた方々にはお詫びを申しあげます)、重版が決まり、9月下旬頃から大型書店から並び始めるということです。これも皆様のお陰です。心からお礼を申しあげます。そのほか、私信でお褒めの言葉をくださった方々にも、感謝しております。そして、編集担当の竹内祐一氏と推薦してくださった翻訳家仲間の矢口誠氏にも。
 2刷の巻末著作リストでは、429頁12行の間違いが以下のように訂正されております。
Killy (1963)『その男キリイ』丸山聰明訳(ハヤカワ・ポケット)

 ジロリンタンは、この夏の猛暑の中である作品の翻訳に励み、9月上旬に大幅に遅れて翻訳原稿を提出しました。今年暮れには刊行予定だということです。その作品ではウェストレイクのような軽妙なコミカル文体ではなく、冷淡なハードボイルド文体が使われています。楽々と簡単に訳せるだろうと思っていたのですが、それはとんだ大間違いで、かなり手強かったですね。

 ということで、最新ニュースをお届けいたしました。
 木村二郎(2022年9月27日)

 追伸:『ギャンブラーが多すぎる』を購入してくださった方のために、その巻末解説「殺しと恋とギャンブルと」の長いヴァージョンをアップロードしますと note.com で書きましたね。その長いヴァージョンは……
 "http://www.nsknet.or.jp/~jkimura/jp-tgs/???????.html" にあります。と言っても、このウェブ・アドレスは存在しません。上記の存在しないウェブ・アドレスの???????のところに入れるアルファベットは(7字とは限らない)、購入された本書433頁の1行目にアルファベットで書いてある複数の英単語のうち1番目の単語です。そして、大文字を小文字に変えてください。
 例えば、それが Donald E. Westlake なら……
"http://www.nsknet.or.jp/~jkimura/jp-tgs/donald.html" と書けばいいわけです。わかりましたね。 購入してくださって、誠にありがとうございます。感謝しております。(木村二郎)

 追記:iPhone などのスマートフォンで「長いヴァージョン」が見られない方は、正しいURLを本文欄に書いたメールを自分宛てに送信するか、そのままの送信していないメールの本文欄にあるアンダーラインのはいった正しいURLをクリックしてみたら、見られる可能性があります。一度試してみてください。(JK)

追記:巻末著作リストの訂正及び加筆----
[訂正]429頁12行 -- Killy (1963)『その男キリイ』丸山聰明訳(ハヤカワ・ポケット)
[加筆]431頁09行 -- The Spy in the Ointment (1966)『平和を愛したスパイ』木村浩美訳(論創海外ミステリ)九月刊
[加筆]439頁03行 -- Flashfire (2000)『悪党パーカー/地獄の分け前』小鷹信光訳(ハヤカワ文庫)リチャード・スターク名義/パーカー#19 ※二〇一三年に Parker(邦題『PARKER/パーカー』)の題で映画化の際に映画名に改題



目次




ジロリンタンが1982年に創立した『マルタの鷹協会日本支部』(現在、会報編集局庶務係に復帰)のインターネット会報のホームページが開設されました。管理者は天野貴司&京介氏。ぜひ訪問して、正会員になりましょう。


やっと、『ガムシュー・サイト』の日本語版を開設しました。内容の大部分は『ミステリマガジン』の連載コラムや、いろいろなところに書いた雑文の再録です。ご感想やご希望は電子メールを管理人に送ってくだされば幸いです。メール・アドレスは [jkimura (at) nsknet (dot) or (dot) jp]です。

管理人の承諾なしにリンクを張っても結構です。でも、張ったときには、いちおう管理人に知らせていただけると、嬉しいですね。

1996年11月6日より、あなたは 人目の『ガムシュー・サイト』訪問者です。一万人目の訪問者に豪華絢爛な記念品を差し上げる予定は今のところありません。[サーヴァーがまた壊れたために、表示の訪問者数が大幅に減少しました。]

『ガムシュー・サイト』管理人、木村二郎(またの名を「サイバーガムシュー」)

copyright 1996-2022 by Jiro Kimura

国際版ホームページに戻る
.